2011.05.30pickup01

「ふなめ」摘みませんか!

桑園「マルベリーファーム」(位田町)

ものづくりの会 6月5~15日に開園

野菜即売や桑の実酒試飲も

ふなめ

「ふなめ」と呼ばれる桑の実

 NPO法人綾部ベンチャー・ものづくりの会(若山行正会長)の桑と繭のワーキンググループは6月5~15日、位田町の「マルベリーファーム(桑の実農園)」を今年も開園する。綾部を一日楽しんでもらえるよう、市内の観光施設の優待券を配布したり、園内で地元野菜の即売会などを企画している。

 農園は、八田川近くにある荒廃していた桑畑を地権者から借りて整備したもの。広さは約1500平方㍍で、120本余りの桑の木が植栽されている。今も接ぎ木で実のなる木を増やしており、更なる充実を目指している。

 初の試みだった昨年は3日間だけの開園だった。天候が悪かったが、それにもかかわらず来園者は50人ほどあり、中高年者からは桑の実の味を懐かしむ声が多く聞かれた。

 昨年が好評だったことから、今年は期間を11日間に延長。地域発展のためにと、園内にテントを張って野菜の即売や「まゆクラフト工房」の作品の展示・販売、桑の実酒の試飲会を企画。希望者には、観光施設(市天文館パオ、グンゼ博物苑、あやべ温泉)の優待券を配る。

 開園時間は午前10時半~午後3時半。入園には管理協力金として500円が必要で、実を1パック分摘むことができる。

 同会は将来構想として独自の体験教室と併せ、グンゼ博物苑の協力も得ながら、都市部の人をターゲットにした伝統産業文化の体験観光ルートの確立を目指している。



2011.05.30pickup02

市が今年度から

消費生活相談 各地に〝出張〟

初回は志賀郷で

消費生活相談

志賀郷公民館多目的ホールに出向いて悪質商法への注意などを話す山﨑課長(志賀郷町で)

 市は今年度から市役所の商工労政課内に消費生活センターを開設するとともに、市内12地区の公民館などで出張相談を始めた。1回目は、27日に志賀郷町の志賀郷公民館であり、悪質商法などに関する「出前講座」も催された。

 同課では、これまで消費生活に関する相談を電話や担当窓口で受けてきたが、地域住民らの身近な場所で相談できるように毎月1回、公民館へ出張することにした。

 27日は志賀郷地区高齢者学級の開催日に合わせて行われた。出前講座で同課の山﨑栄市課長らは、DVDを上映して悪質商法の手口を紹介しながら、断り方や契約を解除できるクーリングオフの方法などを説明した。

 高齢者学級の参加者の中には、「突然訪ねてきた業者から、屋根の修理を勧められて困ったことがある」と対処方法を質問する人もいた。

 このあと、市職員たちは同公民館で午後4時まで住民からの相談に応じた。来月の出張相談は物部地区で実施される予定。



2011.05.27pickup01

情報発信強化と広域観光を

市観光協会が定期総会

市観光協会

あいさつをする西村会長(右)=西町1丁目で

 市観光協会(西村之宏会長)は26日、西町1丁目のI・Tビルで平成23年度定期総会を行った。積極的な観光客の誘客に向けて、今年度は情報発信の強化を柱に、近隣組織と連携して広域観光を推進する。

 総会の冒頭、西村会長は「東日本大震災の影響で厳しい年になることが予想されるが、明るいニュースとして14日に開園した『綾部バラ園』に多くの人が詰めかけている。新たな観光スポットができたことに協会として喜んでいる」とあいさつした。このあと、今年度予算などすべての議案を承認した。

 昨年度は、舞鶴若狭自動車道の無料化社会実験や、好天に恵まれたこともあって観光入り込み客は44万4千人で前年より5%増えた。また、昨年度は初の試みとして体験型観光ツアー(桑の実摘みなど3コース)も実施した。

 今年度は継続事業を推進するほか、市と共同でホームページを全面的にリニューアルして情報発信を充実させる。このほか、公益法人化に向けての調査研究を引き続き進める。



2011.05.27pickup02

「夏の観光ガイド」発行

市観光協会と市が5千部

夏の観光ガイド

夏の観光ガイド

 市観光協会と市はこのほど、夏の観光ガイド(6~8月)を作成した。春に続く発行で、今号は綾部を代表する「あやべ水無月まつり」を始め、市内のイベントや市街地の飲食店マップを掲載した。

 観光ガイドは、A4判6㌻建てでフルカラー。5千部を印刷し、作成費は25万円。設置場所は、あやべ観光案内所(駅前通)やホテル、観光関連施設などのほか、「あやべ特別市民」にも発送する。今後も季節ごとに同ガイドを発行する予定にしている。



2011.05.25pickup01

創立30周年を祝う

市危険物安全協会 感謝状贈呈も

市危険物安全協会

永年優良事業所などの感謝状の贈呈(味方町で)

 消防法に定められている危険物貯蔵所や取扱所の施設がある事業所で組織する市危険物安全協会(山下盛夫会長)の創立30周年記念式典が24日、味方町の「京 綾部ホテル」で開かれた。

 席上、永年優良事業所などの感謝状の贈呈も行われた。



2011.05.25pickup02

初の消防車の運転研修

市消防団が水防訓練と併せて

水防訓練

消防団員が見守る中、市消防職員がポンプ車運転の手本を見せた(川糸町で)

 市消防団(西安榮樹団長)の水防訓練が22日、川糸町の市交通公園一帯であり、併せて消防自動車の運転技術研修も行われた。

 水防訓練は毎年、梅雨入り前のこの時期に実施されているが、緊急自動車の運転技術研修は今年初めて。昨年、兵庫県であった講習を市消防本部の田中初・施設担当長が受講し、消防団員にも技術を指導することにした。

 この日の訓練には12分団から班長以上の消防団員179人が参加。うち運転技術研修では、各分団から2人の計24人がポンプ車を使った実技講習を受けた。

 研修の内容は、狭い路地での走行や、袋小路になった場所でのハンドルの切り返し、内輪差を踏まえた運転など。

 市消防職員による実演のあと、消防団員たちは車両の誘導や運転などの実習に臨み、会場には団員らの車両を誘導する大きな声が響いていた。

 また、雨が降る中で行われた水防訓練で、消防団員たちは土嚢(どのう)を積み上げるなどの訓練を実際の現場さながらに取り組んでいた。



2011.05.23pickup01

放射線ってどんなもの?

パオで「特別科学教室」

「自然界に存在、伝染せず」

特別科学教室

測定器で放射線を測る講師の淀井さん(右)と参加者たち=里町で

 里町の市天文館パオで21日、特別科学教室「放射線とシーベルト」があった。測定器を使いながら放射線とはどんなものなのかを分かりやすく解説した講座で、参加した子どもたちは講師からの問いに答えを予想しながら楽しく学んだ。

 講師は、府立舞鶴支援学校教諭の淀井泉さんが務めた。東日本大震災が発生して以降、原発事故や放射能などに関して連日報道されている。こうした中、風評に振り回されることなく、科学的で正しい知識と判断力を身に付けてもらおうと企画した。

 まず、測定器で教室の放射線を測ったところ、0・061マイクロシーベルトあることが分かり、放射線は日本中のどこにでも出ていると説明した。御影石は地球の深い所で作られているため、普通の石より放射線が強いと解説。そこで、施設の入り口にある御影石を測ると、教室より倍近い値であることが分かった。

 地球の物質を取り入れて育つ野菜などからも放射線は出ており、「大昔から人は放射線を浴びて生活している」と説明した。また、地球全体を見た場合、日本国内で浴びる年間の放射線量は世界平均より少ないという。

 このほか、「高い値の放射線が服や体に付いた場合は注意が必要だが、洗い落とせば他人への影響はなく、インフルエンザのように伝染するものではない」ことも述べられた。



2011.05.23pickup02

〝助っ人〟と一緒に茶摘み

何北、八田2中学校の学校茶園で

何北中学校

何北中の生徒たちは地域住民らとともに作業をした(物部町で)

八田中学校

東八田幼稚園の園児と一緒に茶を摘む八田中の1年生たち(梅迫町で)

 日中、夏を思わせる暑さになった19と20の両日、市内2中学校の学校茶園で茶摘みがあり、各校とも生徒や教職員のほか、地域からの「助っ人」も加わり、新芽を手摘みした。両校とも収穫した葉は小西茶業組合に委託して製茶。学校で販売する茶の収益金は、クラブ活動費などに充てられる。

 何北中学校(大槻克宏校長、67人)の茶摘みは、物部町の市西部グラウンド近くの茶園で19日に行われた。

 今年も物部と志賀郷両地区の自治会連合会や老人クラブ、民生児童委員、あやべ作業所の仲間らが協力し、総勢約150人で作業に当たった。

 同校の茶摘みは半世紀以上続く恒例行事。住民の中には中学生の時に学校茶園で茶摘みを経験した人も多く、「学校から茶園まで肥えを運んだこともあった」と話す人もいた。

 一方、20日に行われた八田中学校(出野健資校長、82人)の茶摘みには、中学校と〝同居〟している東八田幼稚園(吉田純子園長、32人)の園児たちも参加した。

 同校の茶園は、梅迫町の同校の正門前の道路わきと、学校から約1㌔離れた同町内にある。この日、正門前の茶園は1年生27人が担当。生徒たちは「お兄さん」「お姉さん」ぶりを発揮し、作業に励んでいた。



2011.05.20pickup01

演奏通して「交通安全」

府警音楽隊が豊里幼児園で

府警音楽隊

府警音楽隊の演奏に合わせて元気良く歌う園児ら(栗町で)

 市安全・安心のまちづくり推進協議会(会長=山崎善也市長)などは18日、栗町の豊里幼児園(久木和子園長、98人)で「春の全国交通安全運動」の最後の取り組みとなる啓発活動を行った。この日は、府警音楽隊とカラーガード隊が交通安全の願いを込め、園児らを前に演奏と演技を披露した。

 会場には園児と保護者のほか、豊里小学校の放課後学級の児童や地域の人たちが詰めかけた。府警の新マスコット「ポリスまろん」が登場。園児らは、音楽隊が演奏するアニメソングを元気良く歌ったり、先生と一緒に手遊び歌を楽しんだ。また、女性警察官で編成するカラーガード隊の旗の演技に見入っていた。

 最後に園児と児童がお礼のあいさつをし、音楽隊とカラーガード隊に手作りカレンダーを贈った。

 このあと、市職員らが啓発チラシを配りながら、チャイルドシートの正しい着用や自転車の安全利用を呼びかけた。



2011.05.20pickup02

今後も隊員確保に尽力を

自衛官募集相談員7人に委嘱状

自衛官募集相談員

山崎市長(右端)から委嘱状を受け取る相談員=市役所北会議室で

 自衛官募集相談員の委嘱式が18日、市役所北会議室で行われ、石田裕・自衛隊京都地方協力本部長との連名で山崎善也市長から市内の7人に委嘱状が手渡された。

 委嘱式で山崎市長は「東日本大震災での精力的な活動を通して、自衛隊の重要性が改めて国民の多くに認知されたと思う。今後も隊員確保に尽力して頂きたい」とあいさつした。

 石田本部長は「今年4月に府内からは200人を超える入隊・入校(防衛大学校など)があった。このうち綾部からは5人の入隊があり、これも相談員のみなさんのおかげだと感謝しています」と述べた。

 自衛官募集相談員は、自衛隊業務のPRや入隊希望者の紹介などの活動を行う。任期は2年。
 委嘱されたのは次のみなさん。
 福井明生(位田町)上原茂(延町)西村隆(岡町)今村博樹(井倉新町)谷口郁志朗(梅迫町)梅原劼(西原町)吉田勝一(八津合町)



次のページ »