2012.06.18pickup01

綾高と京都学園大が連携

生徒の学習意欲向上に期待

亀岡のキャンパス利用や出張講義も

綾高と京都学園大が連携

連携教育に関する協定書を手にする福井校長(右)と内山学長=岡町で、綾部高校提供

綾部高校(福井真介校長)は今年度、亀岡市にある京都学園大学(内山隆夫学長)と連携した教育活動を進める。生徒たちが大学の講義や実習を受講して高度な学問や研究にふれることで、学習意欲を喚起させることが目的。13日には岡町の綾高本校を内山学長が訪れ、連携教育に関する協定書を交わした。

連携教育では、高校生たちが大学の施設や教材などを利用したり、講義や実習を体験する。また、大学教授らによる〝出張講義〟も予定されている。

大学側は、体育系や農業系の学科がある綾高との交流について、様々な分野で連携を生かす機会が多いことに有意義さを感じているという。

福井校長は、「専門性の高い機器や教材が備わっている大学で学ばせて頂けることは、生徒たちにとって大きな刺激になる」と話している。

※記事を抜粋。全文は本紙で。

ワード 京都学園大学 学校法人京都学園が昭和44年4月、亀岡市曽我部町に開設。開学時は経済学部だけだったが、平成元年に法、3年に経営、11年に人間文化、18年にバイオ環境の各学部を新設。各学部にある学科は、経済学部=経済▽経営学部=経営、事業構想▽法学部=法▽人間文化学部=心理、メディア社会、歴史民俗・日本語日本文化、国際ヒューマン・コミュニケーション▽バイオ環境学部=バイオサイエンス、バイオ環境デザイン。



2012.06.18pickup02

〝水源の里〟の指定申請を!

市が対象集落に呼びかけ合同会議

中上林・瀬尾谷を新たに指定

〝水源の里〟

合同会議に出席した条例対象の自治会長ら(八津合町で)

市は14日夜、八津合町の市観光センターで「水源の里対象集落合同会議」を開いた。今年度から5年間の時限条例の「水源の里条例」が施行されて2カ月余りが経(た)つ中、この機会を通じて対象自治会からの指定申請を後押しするのが狙い。

新たな条例は、対象自治会を56自治会に拡大した。同会議にはこのうち、33自治会から50人の出席があった。

この日はまず、山崎善也市長の「水源の里にかける思い」と題した講演に続き、水源の里連絡協議会会長の酒井聖義さんが奥・中上林の5集落(老富町の栃など)の取り組みを報告。このあと、市の担当課職員が同条例について説明した。

市は「水源の里集落」として5月21日、これまでの5集落を指定。今月7日には、八津合町の瀬尾谷自治会(礒井進会長)が新たに指定された。

※記事を抜粋。全文は本紙で。



2012.06.15pickup01

LED掲示板を新設

綾部交通安全協会 今年度事業で

綾部交通安全協会

すべての議案が承認された綾部交通安全協会の総会(宮代町で)

綾部交通安全協会(加藤静会長)の平成24年度総会が13日、宮代町の市林業センターで開かれ、新年度の予算案などすべての議案が承認された。

総会の冒頭、加藤会長は集団登校中の児童らが死傷した亀岡市の事故のことなどに触れながら、「重要な命題である高齢者と子どもを交通事故から守る取り組みに引き続き力を入れたい」とあいさつした。

今年度事業では、長年にわたって積み立ててきた特別会計から約850万円を使って交通安全のための環境整備を行う。

計画によると、宮代町の綾部署敷地内にLEDによる交通安全電光掲示板を整備する。啓発用2基と事故発生数を表示するタイプ1基を歩道に面して設置する。

また、啓発看板を市内5カ所に設置する。うち、味方町と有岡町は既存看板を補修する形で、大島町と口上林地区、物部地区に新設する。物部地区は「五差路」を視野に置き、設置時期は工事の完了を待って行う。このほか、市内の公共施設4カ所に掲げる垂れ幕を製作する。

26年度以降、同署で行われる庁舎の耐震補強工事に併せて、敷地内に備品保管のための倉庫を整備する意向も示された。



2012.06.15pickup02

「ナイトポリス看板」設置

国道27号沿い15カ所に

ナイトポリス看板

国道27号沿いに設置された看板のそばに立つ新谷署長(右)と加藤会長=渕垣町で

綾部署(新谷泰宏署長)と綾部交通安全協会(加藤静会長)は12日、夜間の交通事故防止を図る「ナイトポリス看板」を市内の国道27号沿いに設置した。

看板のサイズは縦150㌢、横40㌢で、車のヘッドライトの反射で警察官が立っているように見える。このタイプの看板が市内で設置されるのは初めて。交通事故多発路線の一つである同国道を走るドライバーに注意喚起する。

今回の設置場所は、渕垣町のほか、上杉町から戸奈瀬町までの同国道沿い15カ所。今後は市内30カ所まで増やす予定にしている。



2012.06.13pickup01

位田町「桑の実農園」にぎわう

綾部ベンチャー・ものづくりの会

特製ジャムの販売も

桑の実農園

宮津市から訪れた家族はパックいっぱいに桑の実を摘んでいた(位田町で)

NPO法人綾部ベンチャー・ものづくりの会(若山行正会長)が位田町に整備した「マルベリーファーム」(桑の実農園)が9日、今年もオープンした。農園では桑の実を材料にしてパティシエの宮杉典明さん=仁和町=が考案した新商品の「コンフィチュール・ミュール」(ジャム)も販売している。このジャムは桑の実に梅とユズの果肉をそれぞれ加えて作った2種類があり、若山会長は「若い人たちには、桑の実を新しい食材としてアピールしていきたい」と話す。

マルベリーファームは、荒廃していた桑園を同会が地権者から借り受けて、6年前から整備したもの。面積約1200平方㍍で、150本余りの桑の木が植栽されている。

昨年6月に11日間農園を開園した際は、桑の実摘みなどに延べ500人余りが訪れた。昨年は雨が多かった影響で桑の実の味は水っぽさが感じられたが、今年は実が大きく甘いという。

また、同会が宮杉さんに開発を依頼して商品化した2種類のジャム(瓶入り)は、1個450円で計300個を限定販売している。

マルベリーファームは今月19日まで開園する。時間は午前10時から午後3時半まで。管理協力金500円。

※記事を抜粋。全文は本紙で。



2012.06.13pickup02

合同点検踏まえ安全対策

市内の府道8カ所の通学路で

安全対策

府道綾部大江線の城山交差点を点検する関係機関の職員ら。手前のコンクリート舗装は5月にあった女子児童の接触事故を受けて見通しを良くするために整備した(城山町で)

国と府、市、綾部署などでつくる市通学路安全対策検討会は11日、亀岡市で集団登校中の児童らが死傷した事故を受けて、綾部市内の府道8カ所で合同点検を行った。関係機関では、結果を踏まえて速やかに対策を講じる考えだ。

この日は関係機関の職員16人が参加。点検は幅員が狭くて歩道がない所を中心に、綾部小学校校区にある中山綾部線など7路線、8カ所で行った。

今回の点検を踏まえて歩道がない個所での対策は、歩行者の空間であることを示す路側帯のカラー舗装化などが挙がっている。これらの工事は夏休みが終わるまでの完了を目指している。

5月29日に城山町の綾部大江線の城山交差点で発生した女子児童とライトバンの接触事故を受けて府は翌日、見通しを悪くしていた周辺の草を刈った。今月上旬には、その個所(約100㍍)をコンクリート舗装しており、合同点検ではこの周辺の状況も確認した。



2012.06.11pickup01

市民学習会の開催も

綾部世連運動協が総会

綾部世連運動協

あいさつする鹿子木会長(並松町で)

綾部世界連邦運動協会(鹿子木旦夫会長)の平成24年度総会が8日、並松町の市民センター多目的ホールで開かれた。

冒頭で昭和25年10月14日に市議会が議決した世界連邦都市の宣言文を出席者全員で唱和。鹿子木会長は世界情勢を踏まえ、「理念を基にしながら、世界連邦の実現に向けて頑張らなければならない時代を迎えている」とあいさつした。

同協会は今年度の主催事業として身近な問題をテーマにした市民学習会を開催する。



2012.06.11pickup02

市民の生活の糧に

市民憲章推進協が総会

市民憲章推進協

あいさつする今村会長(並松町で)

この日、同ホールでは市市民憲章推進協議会(今村博樹会長)の平成24年度総会も開かれた。

あいさつの中で今村会長は、加盟する9団体が総会などで市民憲章を唱和する取り組みが行われたことを報告。「市民憲章が一人でも多くの市民の生活の糧になるようにしていきたい」と述べた。

同団体が構成団体となっている実行委員会が10月20日に開催する「地球市民の集い」では、綾部出身のフラメンコダンサー、大槻敏己さんによるダンスの上演も予定されている。



2012.06.08pickup01

国の特別天然記念物コウノトリ舞い降りる

向田町の水田で市民ら目撃

西田武さんがカメラでパチリ

コウノトリ

向田町の水田に飛来したコウノトリ=西田さん撮影

国の特別天然記念物であるコウノトリが7日、綾部に飛来した。この日は、「京丹後市久美浜町でコウノトリの雛(ひな)を3羽確認」という記事が全国紙朝刊で掲載されたばかり。田んぼの中でコウノトリが餌をついばむ様子を目撃した市民らの間では、「幸せを運ぶ鳥」の話題で持ちきりだった。

コウノトリが目撃されたのは、向田町の田んぼ。午前9時前、自転車で通勤途中の女性が、「尾が黒くて見かけない鳥がいる」と気になったという。

現場近くに住む西田武さん(70)は、自宅からカメラを持ってきて、その野鳥の姿をパチリ。かつて兵庫県豊岡市でコウノトリの写真を撮ったことがある仲野弘さん(90)は、以前に撮影した写真と鳥の特徴を見比べたところ、飛来した野鳥がコウノトリであることを確信した。

住民らが見守る中、コウノトリは降り立った田んぼの中で15分程度〝食事〟。そのあと、大きな羽を広げ、東の方向に飛び立っていったそうだ。

平成17年からコウノトリを放鳥している豊岡市の兵庫県立コウノトリの郷公園によると、5月10日現在で野外にいるコウノトリの数は47羽。同公園が放鳥したコウノトリには、それぞれ個体番号とともに異なる組み合わせの色の足環が付けられている。

今回の向田町にやってきたコウノトリの足環の色は、確認できなかった。同公園によると、2年前に綾部市内でコウノトリが飛来した報告が寄せられているという。また、今年4月には舞鶴市岡田地域でコウノトリが確認されている。



2012.06.08pickup02

次は「山家の村々」を冊子に

山家歴史の会など

釜輪町の古文書500点を調査

古文書500点を調査

約500点ある古文書の種分けに取り組む参加者たち(釜輪町で)

山家地区の歴史を紹介するなどの活動を続けている山家歴史の会(有道大作会長)は、釜輪町の栴林寺に保管されている約500点の古文書の調査に取り組んでいる。5日には同町公会堂に冊子や巻物、短冊形のめくり物の状態で残る古い資料を全て集め、種分け作業をした。

同会は2年前に「山家の城下町」、昨年は「山家藩」をテーマにして史跡や資料の調査を行い、いずれも1年かけて冊子にまとめた。

今年度は「山家の村々」を主題に歴史を探っている。種分け作業には綾部史談会と釜輪町自治会も協力し、関係者20人余りが参加した。

室内に500点の資料と住民の木下泰洋さん宅に残っている古文書約30点も並べ、「年貢」や「地租改正」「田畑」「戸籍」「訴訟」といった項目に分けた。

有道会長らは今後、古文書の文字の解読とともに内容についても調べることにしている。「大変な作業になるが、みなさんのお力をお借りして最終的には冊子にまとめたい」(有道会長)と話している。

※記事を抜粋。全文は本紙で。



« 前のページ次のページ »