2011.09.19pickup

22年度市決算

8年連続で借金減少

経常収支比率4.5ポイント改善し84%に

市民一人当たりの〝借金〟36万円、〝貯金〟15万円

実質公債費比率も改善

市は15日、開会中の9月定例市会に一般会計と11特別会計、2公営企業会計の平成22年度決算認定案を追加上程した。一般会計は39年連続の「黒字」、特別会計はすべて「黒字」か「収支ゼロ」で、公営企業会計の上水道事業会計と病院事業会計はいずれも純利益を確保した内容となっている。

一般会計の歳入は167億2572万円で、前年度比4・2%増えた。地方交付税や国庫支出金などは増加したが、市税収入は個人市民税の所得割の減少などによって前年度比3・1%減となった。

歳出では人件費や公債費などが前年度より減ったが、クリーンセンターの法定点検や子ども手当、地域情報通信基盤整備など新規事業もあり、総額は前年度比4・3%増の165億1264万円に。この結果、一般会計の実質収支は6829万円の黒字となった。

一般会計に、市立診療所等と農林業者労働災害共済、住宅・工業団地事業の3特別会計の一部を加えた普通会計ベースでの借金(市債残高)は133億4466万円。前年度から4億1594万円減った。借金の減少は8年連続。

一方、貯金(基金残高)は前年度より7億6729万円増え、54億6443万円となった。市民一人当たりの借金額は36万3837円、貯金は14万9千円の計算になる。

財政指標の経常収支比率は84・0%で、前年度と比べ4・5ポイント改善。また、実質公債費比率(3カ年平均)は住宅・工業団地事業特別会計への繰入金がなくなって18%を下回り17・6%となった。

綾部市の実質公債費比率は19年度が21・1%、20年度が22・5%、21年度が20・6%だったため、「地方債許可団体」となっていた。今後は「地方債協議団体」に移行する。
※記事を抜粋。全文は本紙で。



2011.09.16pickup01

ハギの花が見頃に

寺町の正暦寺で19日に「萩まつり」

ハギの花

見頃を迎えた正暦寺のハギ(寺町で)

ハギの花が見頃を迎えた寺町の正暦寺(玉川正信住職)で19日、今年で18回目となる「萩(はぎ)まつり」が開かれる。

時間は午前10時から午後3時まで。本堂では、今年1月に80歳で逝去した山田羊鳴(本名・明)さんの俳画遺作展があるほか、客殿では梅原隆さんが手作りした凧(たこ)の作品展や、昨年新しく完成した庭「望南庭」を眺めながらの茶席も裏千家・今枝宗昭社中によって行われる。

また、まつりに先立つ午前9時半からは「楽寿観音法要」も。問い合わせは正暦寺(電話42・0980)へ。



2011.09.16pickup02

新型ラジオカー導入

エフエムあやべ スピーカーも装備

新型ラジオカー

エフエムあやべの新しいラジオカー「いかる号」

エフエムあやべ(井関悟社長)はこのほど、中継やリポートに使用するラジオカー「いかる号」を更新した。

平成10年4月の開局時から使ってきた軽四輪のラジオカーの老朽化に伴うもの。

新車両はスズキの「パレット」(660cc)で、車体は白。ボンネットと運転席側のボディーには市の鳥「イカル」を用いたキャラクターのマークが施され、後部には「FMいかる」と大書きされている。

また、屋根にはスピーカーが備えられ、イベント会場などで放送が流せるようになっている。



2011.09.14pickup01

震災復興願い、イベント

綾部RACなどがチャリティーで

綾部RAC

横断幕には大震災復興を願う来場者たちのメッセージが書き込まれていた(とよさか町で)

東日本大震災の発生からちょうど半年を迎えた11日、とよさか町の府綾部工業団地・交流プラザで若者たちによる「届け音楽とみんなの想(おも)い」と銘打った復興支援チャリティーイベントが催された。

このイベントを主催したのはローターアクトクラブ(RAC)のうち、綾部RAC(境大介会長)も所属する京都北ゾーンの「アクトの日実行委員会」。「倶楽部あやべ」も協力した。

ステージでは京丹後市で活動する「よさこい踊り」のグループ「空(くう)」のメンバー4人が踊りを披露したり、3人組の音楽バンド「ハナミユキテレツ」のライブもあった。

このバンドはアフリカの打楽器「ジャンべ」や沖縄の三線(さんしん)といった楽器を使った音楽活動をしている。民謡調のオリジナルソングに被災地復興への思いを込め、披露した。

会場では、被災地に贈る横断幕(縦1・3㍍、横4㍍)へのメッセージの記入が来場者に呼びかけられた。メッセージの中には、「笑顔があふれる毎日になりますように 京都から応援しています」というものもあった。横断幕の贈り先は未定だという。

実行委は会場に義援金の募金箱を設置。RACの会員らによる模擬店の売上金の一部を義援金に充て、日本赤十字社に寄託することにしている。



2011.09.14pickup02

健康づくりにエクササイズ

市シルバー人材センターが教室

エクササイズ

エアロビクスにチャレンジする参加者たち(青野町で)

市シルバー人材センター主催の「健康エクササイズ体験教室」が11日、青野町のあやべ健康プラザで催され、参加した32人はエアロビクスなどで爽(さわ)やかな汗を流した。

同センターは「のびのび子育て・いきいき高齢者支援事業」の一環として、昨年度から50歳以上を対象にした教室を催している。

参加者は「ストレッチポール」と「マシンジム」を加えた3つのコースの中から2つを選択して体験。指導は同プラザのインストラクターが務めた。

エアロビクスは、歩く動作を基本にしながら、30分間無理なく体を動かせる内容。参加した64歳と62歳の女性は「普段は全身を使って運動をすることがないので、気持ち良い」「リズムに合わせて動くのでしんどさはなかった」と、それぞれ感想を話していた。



2011.09.12pickup01

綾部で「見守り活動」推進

JAと市と府が協定を締結

見守り活動

「見守り活動」に関する協定を結んだ仲道代表理事組合長(左)と山崎市長(中央)、木村局長=市役所北会議室で

市と京都丹の国農業協同組合(仲道俊博組合長)、府中丹広域振興局(木村学局長)の3者が9日、地域の安心安全な暮らしを確保する目的の「見守り活動」に協力する協定を結んだ。

見守り活動は、同広域振興局の「中丹ふるさとを守る絆(きずな)ネット推進事業」の一環で、中丹地域の民間業者と行政が連携して取り組むのが特徴。事業所の職員が業務の中で住民の日常生活の異常に気付けば、行政機関に連絡するというもの。

同農協には、綾部市域の組合員だけでも約6400人いる。職員が毎月1回、組合員宅を訪問しているほか資材の配達や共済貯金の営業などで職員が組合員と接する機会は多い。

「見守り活動」は綾部市内では今年3月に同広域振興局と市、京都生協の3者で協定が結ばれており、民間業者は同農協が2例目。同農協では管内の福知山市域でも見守り活動に協力する準備を進めており、舞鶴市域では検討中という。
※記事を抜粋。全文は本紙で。



2011.09.12pickup02

注目集める米の「フレコン出荷」

五津合町の弓削営農推進協も始める

フレコン出荷

フォークリフトを使って米のフレコン出荷の準備をする弓削営農推進協議会の会員ら(五津合町で)

米の出荷作業をする際、人の手で米袋(30㌔)を運ぶ労力を省ける米の「フレコン出荷」が注目されている。通常の米袋を使わず、米600㌔を一括して大きな袋に詰めフォークリフトで取り扱う。市内では昨年から故屋岡町の農家がフレコン出荷をしているが、今年は新たに五津合町の弓削営農推進協議会(田村耕作代表、18人)がフレコン出荷を始めた。

フレコンとは「フレキシブルコンテナバッグ」の略語で、粉や粒状のものを運んだり、保管する際に使用するナイロンやビニール製の袋のこと。

15㌶の水田を保有している同協議会は農業機械を会員で共同使用してコシヒカリを栽培してきた。今月8日から収穫作業を本格的に始めた。

昨年までは収穫したコメを通常の米袋に入れて出荷してきたが、米袋は2千袋以上になるため、それを運ぶ作業は会員たちにとって大きな負担だった。

そこで、田村代表らはフレコン出荷の実績を持つ故屋岡町の農家を視察。作業の効率化が図られるのを見聞きし、同協議会でも導入することにした。

同協議会は、約220万円かけてフォークリフトや専用の計量機などを整えた。農作業場では生籾の乾燥から籾摺り、玄米をフレコンに詰めて運ぶ作業まですべて機械化。田村代表と会員の川北淳さんは「出荷作業の効率が良いし、体が楽になった」と話している。



2011.09.09pickup01

府内外の初心者ら京野菜栽培に挑戦

府立農大校で講座スタート

京野菜栽培

鍬を手に畑のうね立てをする受講者ら(位田町で)

京野菜の「聖護院(しょうごいん)ダイコン」と「聖護院カブ」の栽培方法を学ぶ講座が7日、位田町の府立農業大学校で開講。初日の実習で受講者たちは鍬(くわ)を使って畑の荒起こしやうね立てのほか、種まきをした。

同校は、数年前から「野菜作りの基礎を学びたい」という人を対象にした入門講座を開催している。今年度は、「京野菜栽培技術習得講座」と題した講座を今月7日から11月4日までの4回シリーズで行うことになった。

定員20組で受講者を募集したところ、19組25人から申し込みがあった。受講者の住所は綾部市や福知山市、舞鶴市、船井郡京丹波町、京都市、宇治市、相楽郡精華町など府内がほとんどだが、岡山市からの1組2人もいる。

年齢は23歳から75歳まで幅広く、40代の人が全体の約3割を占めた。性別は男性が15人、女性が10人。受講理由について「実家に畑があって母が野菜を作っており、自分も基礎を学びたいと思った」と言う男性もいた。

初日は開講式に続いて行われた講義では、土作りや施肥、連作障害などについて説明された。この講座の実習では、受講者一人ひとりが「マイ畑」で責任を持って栽培するのがポイント。受講者たちは、真夏を思わせる日差しが照りつける中、担当する畑での作業に励んでいた。

2回目の講座は今月28日にあり、実習では間引きや追肥、除草などを行う。



2011.09.09pickup02

ハギの開花と合わせて

岩王寺で11日に「萩まつり」

「筆供養」は午前10時半から

萩まつり

境内に植えられているハギは、ちらほらと花をつけ、開花時期を迎えている

「かやぶきの山寺」として知られる七百石町の高野山真言宗岩王寺(松井真海住職)で11日、「萩(はぎ)まつり」が開かれる。境内に植えられているハギは、ちらほらと花をつけ、開花時期を迎えている。

まつりは午前10時から午後3時まで。午前10時半からは「筆供養」の法要が行われ、使い古した筆や短くなった鉛筆を感謝の気持ちを込めて供養する。

当日は、庫裏にある「龍虎のふすま絵」が一般に公開されるほか、手打ちそばと、お香作り(いずれも有料)のコーナーも設けられる。問い合わせは同寺(電話44・0646)へ。



2011.09.07pickup01

綾部で初めてQC検定

綾部商工会議所の取り組みで

QC検定

日東精工の本社食堂を会場に行われたQC検定試験(井倉町で)

財団法人・日本規格協会主催の品質管理(QC)検定試験が4日、全国一斉に行われた。今回初めて綾部市内に試験会場が設けられ、府北部にある事業所の従業員と高校生合わせて170人が1~4級の試験に挑んだ。

製造業において社員らの品質管理能力や品質改善能力の知識の向上にもつながるQC検定試験は年2回、実施されている。QC検定センターが指定する試験会場は都市部が中心になっているため、府北部に住む人が受験する場合、大阪や京都などへ行かざるを得なかった。

100人以上の受験者があれば、地方での団体受験も可能になることから、綾部商工会議所は府北部でも試験が実施できるように会員企業などを通じて受験希望者を募り、取りまとめた。

その結果、綾部市や京丹後市、福知山市などにある16事業所と2高校から計191人の受験申し込みが寄せられ、人数的な要件をクリア。試験会場としては日東精工の協力を得て、井倉町にある同社の本社食堂を使用できることになった。

この日は、台風12号の影響で公共交通機関のダイヤに乱れがあったため、午前中の2級と4級の試験の開始時刻は30分遅れとなった。

同商工会議所は今回の試験の状況などを踏まえ、今後も綾部市内でQC検定試験が実施できるようにしたいという。



« 前のページ次のページ »