2011.02.28pickup01

経済座談会(1)

工業振興と雇用の確保を

近年、工業出荷額落ち込む 落合
綾部でものづくり続けたい 塩田
工業団地は「府北部の宝」 山崎

経済座談会

「綾部の工業振興と雇用の確保」をテーマに話し合う出席者たち。右から塩田社長、山崎市長、落合理事長(西町1丁目の綾部商工会議所会頭室で)

 政情不安定で重要法案が棚上げされ国会空転の恐れがある国政の現状だが、嘆いていても地方が抱える重い課題は解決しない。綾部市も多くの地方都市と同様、少子高齢化や過疎化が進む中で歯止めのかからない人口減少に悩んでいる。綾部に活力を生み出させるには、産業振興を図って雇用を確保するとともに住みやすく魅力ある町づくりを進める必要がある。そこで本紙では、雇用の受け皿として最も頼れる地元工業界から社団法人綾部工業団地振興センターの落合康宏理事長と日東精工の塩田展康社長に出席を求め、山崎善也市長と一緒に「綾部の工業振興と雇用の確保」のテーマで現状を知り綾部の明日を考える座談会を開いた。(司会は高崎忍・本社社長)
(詳細は紙面で)



2011.02.28pickup02

絶好の「凧揚げ日和」

第5回由良川凧上げ大会

由良川凧上げ大会

市天文館友の会が揚げた連凧(川糸町で)

 今年で5回目を迎えた「由良川凧(たこ)上げ大会」が26日、川糸町の第1市民グラウンドで開かれ、約30人の市民が参加し、手作りの凧で凧揚げを楽しんだ。

 同大会はこれまで1月に開催してきたが、天候に恵まれない大会が続いたため、今年から2月下旬の開催に変更。その甲斐(かい)あってか当日は晴天に恵まれ、冷たかったものの凧揚げには最適の風で、絶好の開催日となった。

 大会が始まると、参加者らは思い思いに凧を揚げ、どの凧も風をうまくとらえてきれいに揚がった。中には、凧が見えづらくなるほど高く揚がったものもあり、見物していた人らを感心させた。

 また、大会のクライマックスには市天文館友の会による、53個の凧が連なった連凧も揚げられた。また、ハッスルかあちゃんの会が参加者らにぜんざいをふるまい、参加者らは冷えた体を温めていた。

 大会の各賞は次の通り。敬称略。

 よく揚がったで賞=古和田貴将▽アイデア賞=塩見斗夢▽デザイン賞=井関悟▽ユーモア賞=四方直▽びっくり賞=山本大登



2011.02.25pickup01

3千万円目標に頑張ろう!

JA綾部紫ずきん部会が総会

新部会長に大西洋爾さん

JA綾部紫ずきん部会

就任のあいさつをする綾部紫ずきん部会の新役員ら(里町で)

 京のブランド産品にもなっている黒大豆枝豆「紫ずきん」の綾部市内の生産者で組織するJA京都にのくに綾部紫ずきん部会(岸本章三部会長)の平成22年度総会が22日、里町の市中央公民館で開かれた。

 紫ずきんは府内各地で生産されているが現在、最も栽培面積が広く、出荷量が多いのは福知山市夜久野町。紫ずきんは一キロ当たりの単価が900円で、他の作物に比べて高いこともあり、綾部市内でも年々、生産農家や栽培面積が増え、「産地化」しつつある。

 しかし、昨年は6月下旬から7月中旬にかけての降雨や夏場の猛暑などの影響で病気や害虫による被害が多発し、各地とも出荷量が前年と比べて激減。そんな中、綾部市では10アール当たりの収穫量が380キロあり、府内トップとなった。

 総会には部会員を始め、JAや行政関係者ら合わせて約50人が出席。昨年の綾部市内での実績は、出荷者数79人▽栽培面積641・4アール▽総出荷量24・4トン▽販売額2143万円―となったことが報告された。

 今年の事業計画として研修会などを通して互いの栽培技術の向上を図りながら、同部会では「栽培面積650アール」「生産量33・3トン」「販売額3千万円」を目指すことが示された。JA京都にのくには管内3市全体の販売髙の目標を「1億円以上」にしている。

 また、「紫ずきんがほしい」という消費者ニーズに応えるため、宮代町の農産物直売所「彩菜館」で今年も秋の収穫期に取り扱う予定。同部会の予算にも初めて「販売促進費」が計上された。

 総会後は、昨年の栽培や販売の状況分析のほか、農薬の適正使用などに関する研修会も行われた。

 また、任期満了に伴う役員改選も行われた。新役員は次のみなさん。任期は2年。

 部会長=大西洋爾▽副部会長=大石将文▽同(会計兼務)=岩崎茂治▽運営委員=上原裕、藤野均、大田好和▽監事=永井静枝、内田修



2011.02.25pickup02

3月6日に「日曜議会」 3月市会

 市議会の議会運営委員会は21日、3月定例会の会期を2月28日から3月24日までの25日間にすることを決めた。一般質問は3月6日から8日までの3日間。うち6日午前9時半から行われる「日曜議会」では、民政会と創政会、共産党議員団、新政会の4会派の代表が質問に立つ。

 3月定例会の日程予定は次の通り。

 28日=本会議(議案上程、人事案件採決)▽3月6日=同(一般質問)▽7日=同(同)、議会運営委員会▽8日=本会議(一般質問、議案等処理)▽9日=予算決算委員会(総括質疑)▽10日=総務教育建設委員会▽11日=産業厚生環境委員会▽14~17日=予算決算委員会▽18日=総合計画等審査特別委員会▽23日=議会運営委員会▽24日=本会議(採決)



2011.02.23pickup01

市新年度当初予算案(1)

山崎市長色を鮮明に

「住んでよかった」実現枠を計上

一般会計当初予算案歳入

一般会計当初予算案歳出(性質別)

 市は21日、平成23年度当初予算案を発表した。それによると、予算規模は一般会計が154億9502万円、特別会計、公営企業会計を合わせた総額は354億3367万円となった。前年度の当初予算は、編成が市長選直後で骨格予算となっていたため、肉付け後の前年度6月補正後予算と比較すると、一般会計は0・5%増、総額では5・4%増の予算となっている。山崎善也市長にとって市長就任後初めての通年予算編成で、公約であった「住んでよかった綾部」の実現枠を計上するなど山崎色を鮮明に打ち出した予算となっている。市は28日開会の3月定例市会に新年度予算案など40件を上程する。

 新年度予算編成の基本的な考え方として市は、①第5次市総合計画の初年度として将来都市像の着実な実現に向けた予算②厳しい経済情勢の中、「少子・高齢化」「産業振興・雇用確保」「農村集落活性化・街なか再生」などの施策への重点配分③市債残高の縮減と歳出の見直し、基金の活用による財源確保―の3つを挙げている。

 記者会見で山崎市長は、新年度予算案について「第5次市総合計画の初年度でもあり、将来に向けて綾部市が抱えている課題を解決するためのきっかけとなるように予算を編成した」と語った。
 (詳細は紙面で)



2011.02.23pickup02

綾部市の人口、3万5千人台に

府発表の国勢調査速報値
 府はこのほど、平成22年10月に行われた国勢調査の速報値を発表した。それによると、綾部市の人口は3万5849人、世帯数は1万4043世帯で、前回調査(17年10月)と比較すると人口は1906人(5・0%)、世帯数は243世帯(1・7%)それぞれ減少した。

 国勢調査は大正9年以来、5年ごとに行われている調査で、日本国内に住むすべての人が調査対象になる。市が毎月発表している推計人口は国勢調査の確定値を元に算出している。

 京都府全体の人口は263万6704人で前回調査比1万956人(0・4%)減となり調査開始以来、初めて減少した。

 府内の26市町村の中で人口が増加したのは木津川市や京田辺市、精華町など南部を中心にした4市1町。減少したのは綾部市のほか、京丹後市や舞鶴市、福知山市など10市10町村となった。

 近隣市の人口をみると、福知山市は2309人(2・8%)減の7万9668人、舞鶴市は3052人(3・3%)減の8万8681人と、それぞれ8万人、9万人の大台を割った。また府内で最も人口が減少しているのは京丹後市で、3679人(5・9%)減の5万9044人だった。



2011.02.21pickup01

動画はコチラ

仲良し! 子ヤギと羊

位田町 「綾部ふれあい牧場」

〝ウリ坊とみわちゃん〟に負けないくらい

子ヤギが頻繁に遊びに行って羊の背中に乗ることも

子ヤギと羊

綾部ふれあい牧場では子ヤギが羊の背中に乗るなど、仲の良い光景が見られる(位田町で)

 イノシシの「ウリ坊」の背中に乗って散歩する福知山市動物園のニホンザル「みわ」ちゃんが全国的に話題になっているが、位田町の綾部ふれあい牧場にもこのコンビに負けない仲が良い動物たちがいる。飼育されている子ヤギが頻繁に羊の所へ〝遊び〟に行き、羊の背中にピョンと飛び乗ることもある。子ヤギと羊は、ふれあい牧場のアイドルになっている。

 仲良しなのは、昨年12月に生まれたばかり雌のヤギと、以前から飼われている2頭の雄の羊。

 今月8日に2頭のヤギが誕生したため、同牧場で現在飼育されている動物はヤギが雄2頭と雌5頭の計7頭、羊が2頭、ミニブタが2頭となっている。いずれの動物にも「まだ、名前はない」。

 隣り合わせになっているヤギと羊の飼育小屋は格子で区切られているが、子ヤギは生まれて1カ月たった頃から格子の間をくぐり、羊の方へ行くようになった。

 羊たちは子ヤギの訪問を特に嫌がる様子はなく、子ヤギがじゃれて羊を追い回したり、羊の背中に乗るようになった。

 羊の背中に乗った子ヤギが口で毛じらみを取るかのように羊の毛をモグモグすると、羊は気持ち良さそうに目を細めている。

 農業生産法人・農夢から委託を受けて動物の世話をしている大島悟さん(70)は、子ヤギが羊の背中に乗ったのを初めて見た時、「こんなことがあるんや」とびっくり。今では「仲の良さに微笑(ほほえ)ましく思える」と言う。

 今月に生まれた2頭の子ヤギのうち1頭も、羊小屋へ〝侵入〟するようになり、羊の新しい友達になりそうだ。また、同牧場内で営業する飲食店「ふれあい食堂」で飼われているウサギ8匹は、来店客の人気を集めている。

 大島さんは「仲が良く可愛い動物たちを見に来て頂き、3頭の子ヤギと2頭の羊に名前を付けてやって下さい」と呼びかけている。命名の応募用紙はふれあい食堂内に備え、3月15日まで受け付ける。



2011.02.21pickup02

人、自然、文化にふれあおう!

3月12日に「体協ウォーキング」

本社後援

体協ウォーキング

今年の「ウォーキング大会」のコース地図

 「歩いてふれあおう人と自然と文化に!」をテーマに市体育協会(由良大司会長)は3月12日、並松町の市民センター前をスタート・ゴール地点に開催する第11回「体協あやべウォーキング大会」(同大会実行委員会主管、市・市教委・あやべ市民新聞社など後援)の参加者を募集している。

 今回のコースは、綾部大橋を渡って味方町の紫水ケ丘公園へ行ったあと、寺町や田野町、上延町、宮代町などを通り、青野町の由良川花庭園を経由し、同センターへ戻る約11キロ。当日は午前9時から開会式が行われる。

 参加費(保険料込み)は一般500円、小中学生200円。小学生以下は保護者同伴で。全員に参加賞があるほか、ゴール時には温かいぜんざいが用意されている。雨天決行。

 申し込みは3月9日までに参加料を添えて、市民センター内の市体協事務局(電話42・0682、FAX21・4885)へ。



2011.02.18pickup

「厄神さん」で開運祈願

「綾部厄除祭」にぎわう

「厄除の門」くぐり次々参拝

綾部厄除祭

「守り矢」やお守りなどを買い求める参拝者ら(17日午後7時半頃、上野町で)

 生涯の節目、節目に神様のお祓(はら)いを受け、災いや悪い心を持って行ってもらう「厄除(やくよ)け」。18日には上野町の若宮神社内にある厄除神社と、下八田町の上谷厄神神社で厄除けや開運を祈願する恒例の大祭が営まれ、市内外からの多くの参拝者でにぎわった。

 今年の本厄は、男性が昭和62年、同45年、同26年生まれで、女性が平成5年、昭和54年、同50年、同26年生まれの人。数え年で男性の42歳、女性の33歳は特に大厄と呼ばれ、凶事や災難に十分な警戒が必要な年とされている。

 「綾部の厄神さん」として昔から親しまれている厄除神社(四方義規宮司)の「綾部厄除祭」は、18日の本宮と17日午後からの宵宮に、合わせておよそ2万人が訪れる同神社最大のお祭り。

 露店が建ち並ぶ参道を抜けて参拝した人たちは、「厄除の門」をくぐって社殿に手を合わせたあと、巫女(みこ)が販売する「守り矢」やお守りなどを買い求めていた。また、1年の無事を祈って特別祈祷(きとう)を受ける人の姿も見られた。

上谷厄神神社でも例祭

厄神大祭

厄除けを願い本殿に手を合わせる参拝者(18日午前8時30分頃、下八田町で)

 この日は上谷厄神神社(四方充宮司)でも、300年以上の歴史を持つと伝えられる恒例の「厄神大祭」が営まれた。

 同神社は武内宿彌(たけうちのすくね)を祭神としており、300年以上前から厄除けにご利益があるとして地元の人たちに信仰されてきた。現在は、上谷地区の4戸の住民が同神社の大祭を守り継いでいる。

 特別祈祷は午前10時から行われ、厄年を迎える人たちが四方宮司から厄除けのお祓いを受けた。境内ではお守りなどが販売されたほか、参拝者にはそれぞれ軍手が配られた。



2011.02.16pickup01

「綾部の味」を広めよう!

市の料理講習会に27人参加

綾部の味

料理講習会の会場では、「ふたばグループ」が手打ちそばも作った(青野町で)

 青野町の市保健福祉センター料理室で12日、料理講習会が開かれた。この講習会は、2年前に綾部食育推進ネットワークが発行した冊子「伝えていきたい綾部の味」に掲載されている料理の普及を目的に市が開催したもの。講習会には4歳の女児を含め27人が参加した。

 今年度4回目となる今回の講習会を担当したのは、物部町須波伎地区の生活改善グループ「ふたばグループ」(人見志信代表)。

 メニューは、冊子に載っている「黒豆と野菜入りおこわ」と「ハクサイの白和(しろあ)え」のほか、「サツマイモのユズ煮」と「野菜巻きトンカツ」の2品が加えられた。参加者は5班に分かれ、手際良く調理していた。

 また、会場では同グループのメンバーたちが、地元産のそば粉を使ったそば打ちを実演した。



次のページ »