2010.10.18pickup01

スロヴァキア放送交響楽団が来演

11月17日に府中丹文化会館で

市など 市制60周年記念で開催

スロヴァキア放送交響楽団

スロヴァキア放送交響楽団の公演チラシ

 都市部と異なって地方に住む人は、外国のフルオーケストラの生演奏に触れる機会は「皆無」と言ってもいいほどだ。そんな中、中欧を代表するオーケストラとして高く評価されているスロヴァキア放送交響楽団の演奏会が11月17日、里町の府中丹文化会館で開かれる。演奏曲はクラシックの人気曲ばかりで、入場料も宝くじの助成によって手軽な料金が設定されている。当日は、「文化の秋」を体感できる場になりそうだ。

 中丹文化会館が開館した昭和58年以降、外国のオーケストラのフルメンバーによる演奏会が行われるのは、平成19年11月のチェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団に続いて2回目。主催は市と市教委、府中丹文化事業団、府、自治総合センターで、市制施行60周年記念事業の一つとなっている。

 1929年に設立され、約80年の歴史を持つスロヴァキア放送交響楽団は、スロヴァキアの首都・ブラチスラヴァを拠点に世界中で活動している。日本での公演は13年ぶり3回目。

 同交響楽団の首席指揮者でもあるマリオ・コシックさんも今回、オーケストラのメンバーたちとともに来日する。中欧諸国で新鋭指揮者として注目されているコシックさんがタクトを振る曲は3曲。

 シューベルトの交響曲第8番「未完成」とベートーベンの交響曲第5番「運命」、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」の3曲。いずれもクラシックに疎い人でも、一度は耳にしたことがあるような曲ばかりとなっている。

 当日は開場が午後6時、開演が同6時半。宝くじの助成で入場料は特別料金となっており、指定席が3千円、自由席が一般2千円、高校生以下1500円。当日券はいずれも500円増し。

 問い合わせは中丹文化事業団(電話42・7705)へ。



2010.10.18pickup02

NPO「北近畿みらい」正式発足

市民センター 30日に記念講演会とシンポ

 京都と兵庫両府県の北部地域に住む人たちが連携し、北近畿全体の活性化を目的に「交流」と「観光」を柱にした事業に取り組むNPO法人「北近畿みらい」(四方八洲男理事長)が、このほど登記を終え、正式に発足した。設立を記念し、30日には並松町の市民センターで講演会とシンポジウムが開かれる。入場無料。

 「人と人をつないで地域を変えていく―北近畿の広域連携をめざして―」を統一テーマにした設立記念大会は、午後1時半から。講演会では、国交省近畿運輸局企画観光部の平嶋隆司部長が「広域連携とプラットホーム型観光のすすめ」を演題に話をする。

 講演会のあとのシンポジウムのテーマは「北近畿の広域連携とふるさとの魅力」。コーディネーターは神戸夙川学院大学の戸祭達郎教授、平嶋部長と奥城崎シーサイドホテル社長の岩井美晴さん、財団法人美山町自然文化村支配人の高御堂厚さんの3人がパネリストを務める。終了は同4時半の予定。

 問い合わせは、本町2丁目の同法人事務局(電話40・2211、FAX40・2244)まで。



2010.10.15pickup01

上延町の山添神社 ご神木を〝散髪〟

樹齢300~400年、高さ25~30メートル

高所伐採専門職人に依頼して

山添神社

高さ30メートルほどある境内のヒノキ(上延町で)

 上延町の山添神社のご神木が13日、〝散髪〟された。木の先端と枝を切り払うもので、高さ30メートル近い場所での危険な作業となるため、高所伐採専門の職人の手によって行われた。

 同神社境内には社の近くにある樹齢400年近いスギの神木のほか、鳥居近くにも2本の神木がある。これらの神木はともに樹齢300年前後で、高さは25~30メートルある。

 同神社の長島宣雄総代長によると、神木は非常に高く、強風時には大きくゆれていた。同神社の近隣には住宅が多いことから、木が倒れて住宅を直撃する可能性もゼロではなかった。

 そこで、元京都樹木医会会長の伊藤武さん=新町=に相談したところ、枝を払い、重量を軽くし、先端を切り低くすることで、危険性は少なくなると判断されたため、10日の秋祭りが終わるのを待って作業に取り掛かった。

 作業は丹波市で高所伐採を専門に行っている藤井林業の藤井稔さんに依頼。藤井さんは命綱一本で高い木の頂上付近に立ち、チェーンソーで先端部分を10メートルほど切り取ったほか、木全体の形を見ながら枝を払うなどの作業をした。



2010.10.15pickup02

悪質商法にご注意を!

くらしの安心・安全推進月間で啓発活動

悪質商法

悪質商法に注意を呼びかける啓発活動(綾中町で)

 10月の「くらしの安心・安全推進月間」にちなみ、府くらしの安心推進員らが12と13の両日、市内で悪質商法に注意を呼びかける啓発活動をした。

 府くらしの安心推進員は、府が実施している研修を受講したあと、身近な人への消費生活情報の提供や、消費者被害などから地域を見守る活動をするボランティア。綾部市内では現在、10人が登録されている。

 13日に綾中町のバザールタウン綾部アスパ館の玄関前で行われた啓発活動には、府と市の職員を含め4人が参加。買い物客らに声を掛けながら、「振り込め詐欺」の手口や相談窓口などを掲載したリーフレットを手渡した。

 リーフレットを手にした女性は以前、全く心当たりがないのに「抽選に当選した」という内容のはがきが自宅に届いたという。賞品の受け取りの手続き方法が記されていたが、無視した。「改めて注意せなあかんなあと思いました」と話していた。



2010.10.13pickup01

本分忘れず地域貢献を

商議所青年部 30周年式典で決意披瀝

懇親深め活動意義再確認

商議所青年部

式典冒頭、太鼓演奏の前に祝いの歌を披露する青年部の現役会員ら(味方町で)

 綾部商工会議所青年部の設立30周年を記念する式典と祝賀会が10日、味方町のホテル綾部で来賓を含む約70人が出席して開かれ、青年経済人たちの活動の意義を再認識するとともに、現役会員とOB会員らが互いの懇親を深め合った。

 OBの中山徹夫さんらのメンバーによる太鼓演奏で始まった式典は青年部の歌「伸びゆく大地」の斉唱や指針唱和などに続き、新庄弘章・今年度会長が挨拶(あいさつ)。「物事を経済的観点でとらえ自らの企業を発展させるという青年部の本分を忘れず、今後も地域社会の発展に貢献したい」と決意を披瀝(ひれき)した。

 由良龍文・綾部商議所会頭の挨拶や府や市の代表の祝辞などがあり式典は終了。全員で乾杯をして祝宴に入ったあとは会食の合間に歴代会長を代表して竹内俊基さんが祝辞を披露。「あやべ良さ来い」を支えてきた響連によるアトラクションなどのあと、坂田勇起・30周年実行委員長の謝辞で祝宴を締めくくった。



2010.10.13pickup02

「由良川元気サミット」

中丹の小中高生が舞台発表

17日に府中丹文化会館で

 中丹地域の小中学生や高校生らが日本語の美しさを音読や群読で表現したり、学び考えたことなどを発表する「由良川元気サミット」(府中丹広域振興局・府中丹教育局など主催)が17日、里町の府中丹文化会館で開かれる。

 当日は正午から西舞鶴高校吹奏楽部の演奏のあと、13小学校と4中学校、2高校の児童・生徒たちが舞台発表する。綾部市内からは志賀と物部、東綾、中筋の4小学校と綾部高校が参加する。

 また、同会館ホワイエでは午後1時から東舞鶴高校の生徒による茶席が設けられるほか、中丹地域の府立学校の紹介パネルが展示される。入場無料。

 問い合わせは府中丹教育局(電話42・9099)へ。



2010.10.11pickup01

いこいの村 グループホーム建設へ

地域密着型で認知症対応

11月着工、来春完成めざす

いこいの村

いこいの村のグループホームの建設予定地(十倉名畑町で)

 綾部市内で3カ所目となる地域密着型の認知症対応型グループホームの建設計画が十倉名畑町で進められている。建設するのは、同町でいこいの村聴覚言語障害センター(柴田浩志所長)を運営する社会福祉法人・京都聴覚言語障害者福祉協会(高田英一理事長)。11月に工事に着手し、来年3月の完成を目指す。

 同協会は平成19年10月、いこいの村の近くの府道沿いにある事業所跡地(約1万5千平方メートル)を取得。特別養護老人ホーム「梅の木寮」の職員を主体としたプロジェクトチームを立ち上げ、新規事業について検討してきた。

 綾部市の東部地域は高齢化が進み、認知症の高齢者が増えている現状を踏まえ、支援態勢が課題であることからグループホームの新設を決めた。昨年4月に「グループホーム開設準備作業チーム」を組織した。

 新設するグループホームは、木造平屋建て延べ床面積375平方メートル。個室9室と食堂を兼ねたリビング、和室、浴室、トイレなどを設ける。24時間態勢で運営し、スタッフは日中が3人、夜間が1人。

 建設事業費は約9千万円。この事業は市の第5次高齢者保健福祉計画に位置付けされており、市から3千万円の助成を受ける。12月初旬からは、山家地区と上林地域の住民を中心に利用者を募集する予定。

 現在、市内で開設されている地域密着型の認知症対応型グループホームは、社会福祉法人・松寿苑が運営している「グループホームたのやま」(田野町)と「グループホームうえすぎ」(上杉町)の2カ所。

 グループホーム開設準備作業チームのリーダーである岩本幸子・いこいの村高齢福祉部長は、「住み慣れた地域で一人ひとりが大切にされる施設にしたい」と思いを話している。



2010.10.11pickup02

今年もマツタケシーズン到来?

マツタケ

8日にJA京都にのくに中部営農経済センターに持ち込まれたマツタケ(宮代町で)

 宮代町のJA京都にのくに中部営農経済センター(搗頭治市センター長)に8日、秋の味覚の王者であるマツタケが持ち込まれた。同センターには6日にも同じ人からマツタケの初入荷があり、いずれのマツタケもその日のうちに京都市の市場に出荷された。

 マツタケは西八田地区で採れたもの。8日に採取されたマツタケは3本で、長さが約7センチ~9センチの「つぼみ」。重さは3本合わせて70グラムほどだった。

 6日のマツタケも3本。重さの合計が180グラムあった。同センターによると、6日のマツタケは京都の市場で今秋初の国産マツタケだったそうだ。



2010.10.8pickup01

日本画「遊の会」が作品展

本社後援 グンゼ集蔵で11日まで

遊の会

作品展に飾られている130号の日本画など(青野町で)

 橋本正次さん=京丹波町=を講師に日本画を学んでいるグループ「遊の会」の作品展(市文化協会、あやべ市民新聞社後援)が8日、青野町のグンゼ博物苑・集蔵で始まった。11日まで。入場無料。

 作品展には橋本さんの教室に通う生徒のうち18人が出展した。作品展には橋本さんも出展しており、2号から130号までの35点が飾られている。開場時間は午前10時~午後5時(最終日は午後4時)。作品の出展者は次のみなさん。

 大槻道子、柏原容子、四方滋、柴田まゆみ、山本満代、井徳千恵子、今岡由起、上柿明美、大澤陽子、大西成記、小滝ちづ子、立身薫、友次みち代、中村清孝、古川敏子、間島幸子、三宅昇、三宅禎一



2010.10.8pickup02

〝人権キャラ〟と交流も

せんだん苑保育園でスイセン植え

人権キャラ

「人KENあゆみちゃん」と握手をする5歳児たち(青野町で)

 「人権の花運動」の活動として青野町のせんだん苑保育園(吉住一道園長)の5歳児31人が6日、「思いやり」の花言葉があるスイセンの球根を植え、人を大切にする気持ちを高めた。

 同園には京都地方法務局福知山支局の森澤弥栄支局長と市内の人権擁護委員らが訪問した。

 園児たちは、人権擁護委員が演じる腹話術や紙芝居を見て「友達と仲良くする」「人や物を大切にする」ことを約束し、人権イメージキャラクターの「人KENあゆみちゃん」と握手した。

 プレゼントされたスイセンの球根は、一人ずつ自分の植木鉢に土を入れて植えた。同園は鉢を2階のベランダに置き、スイセンを育てることにしている。



« 前のページ次のページ »