2013.02.27pickup01

「綾部には里山の魅力が十分」

綾部で「里山フォーラム」開く

里山フォーラム

近畿一円から参加があった「里山フォーラム2013」(鍜治屋町で)

 鍛治屋町の市里山交流研修センターで25と26の両日、「里山フォーラム2013」(同フォーラム実行委員会など主催)が開催された。会場には、各地で活動する団体や個人がそれぞれの分野と立場を越えて集まり、「里山」に関する課題や未来像などについて語り合った。

 同フォーラムは今年で9回目。綾部では好評だった昨年に続いての開催となる。この日は、里山の保全活動などをするNPO法人の関係者ら56人が福井県も含めて近畿一円から参加した。

 25日は、京都大学大学院地球環境学堂准教授の深町加津枝さんが「里山としての綾部の魅力」と題して講演した。深町さんは初めに、位田町の位田橋から見る由良川や「水源の里」の風景を写真で紹介し、「心に残る風景があることが里山の魅力」と述べた。

 更には、「多くの人がかかわっていける集落や風景が多く残っているほど魅力ある里山になる。綾部はそういった所が十分ある」と指摘。綾部の特長として由良川を中心に、水田や用水路、ため池といった水辺の環境が良好に保たれていることも挙げた。

 この日、参加者たちは鍛治屋町内を散策しながら、地元の自然や文化などについてふれた。このほか、睦寄町の古屋自治会で自治会長を務める渡邉重和さんらによる講演もあった。



2013.02.27pickup02

入所者たちに笑顔広がる

ミストラルを綾女ねっとが慰問

昔懐かしい遊びで交流

「あやべ小唄」の踊りと唄も披露

ミストラルを慰問

お手玉を隣の人に次々と渡す遊びで施設の利用者と交流するメンバーたち(里町で)

 栗町のミストラル介護センター(芦田圭センター長)を26日、女性グループ「綾女(あやめ)ねっと」(四方いし江会長、67人)のメンバー15人が慰問し、昔懐かしい遊びや歌で、デイサービス利用者やグループホーム入居者ら約50人と交流した。

 綾女ねっとは、男女共同参画社会の実現を目指した女性組織。社会部、環境部、厚生部の3部会があり、保健や運動の分野を担当する厚生部(小林満津恵部長、26人)が、活動の一環として昨年10月に続いて同施設を訪れた。

 この日は、初めに「きよしのズンドコ節」に合わせた簡単な体操で体を温め、お手玉を使った頭と体の体操へ。童謡「あんたがたどこさ」に合わせて隣の人にお手玉を渡す遊びをすると、一気に利用者らの表情もほころんだ。

 また厚生部では、長岡誠・初代綾部市長が作詞し、戦後に市民に親しまれた「あやべ小唄」を再び広める活動も行っており、その踊りと唄を披露。「鐘は本宮か岩王寺あたり 静心なき須知山桜」などと歌う小唄のことを覚えているお年寄りも多く、手拍子をしたり一緒に踊ったりして楽しんだ。



2013.02.25pickup01

植田敏昭さんと「響連」に奨励賞

第21回永井賞授賞式

第21回永井賞授賞式

山崎市長から永井奨励賞の表彰状を受ける植田さん(市役所第1委員会室で)

 第21回市永井賞授賞式がこのほど、市役所第1委員会室であり、永井奨励賞を受賞した植田敏昭さん(75)=西坂町=と「響連(ひびきれん)」(山本博美代表)に山崎善也市長から表彰状と賞金30万円が贈られた。

 市は市永井産業振興基金を活用した顕彰事業として、地域産業の振興・発展に多大な貢献があったり、将来性のある取り組みを行っている団体や個人を表彰している。

 今年度の永井賞の募集は6月1日~9月30日に行われ、2件の応募があった。同基金審議会(山下信幸委員長、10人)が審査、協議した結果、永井大賞(賞金100万円)と永井賞(同50万円)の該当はなく、2件とも永井奨励賞に決めた。

 授賞式には来賓として高倉武夫・市議会議長と四方源太郎府議、山下委員長が出席した。受賞スピーチで植田さんは、転作対策として平成13年から西坂町内の約62㌶の農地を3ブロックに分け、小麦と小豆、米をローテーションで作付けする取り組みを行っていることを説明。

 18年には農作業を受託する特定農業団体「西坂ファーム」を発足。地元に50代以下の専業農家がいない中、新規就農者の受け入れも図りながら、「農地と農業を次の世代につなげていくのが我々の責任」と語った。

 また、「あやべ良さ来い」の普及活動などに取り組んでいる「響連」の山本代表は受賞スピーチの中で、「あやべ水無月まつり」の新たなイベントとして平成12年から「良さ来い」が導入された経過や、昨年の参加者数が400人あったことなどを説明した。山本代表は「衣装を新たにするなど、これからも張り切って活動していきたい」と抱負を述べた。



2013.02.25pickup02

25年度は10㌶で栽培、3300万円の販売を!

JA綾部紫ずきん部会が総会

JR綾部紫ずきん部会

総会後の研修会では、収穫した紫ずきんの鮮度の保持対策などについて指導された(味方町で)

 JA京都にのくに綾部紫ずきん部会(大西洋爾部会長)の平成24年度総会が21日、味方町の「京 綾部ホテル」で開かれた。

 府内で綾部市は黒大豆枝豆「紫ずきん」の産地の一つとなっている。JAを通じて「紫ずきん」を共同出荷している、市内の生産者で組織する同部会では昨年度、72人が832・6㌃で栽培し、31・4㌧を出荷。販売金額は2645万円となった。栽培面積は前年度比で52㌃増えたが、出荷量は約730㌔減。販売額は約500万円アップした。

 総会では、25年度の事業計画として栽培面積10㌶、生産量38㌧、販売額3300万円を目標に取り組むことを決めた。

 また、「紫ずきん」より早い8月に収穫できる黒大豆枝豆「京 夏ずきん」の栽培が、綾部市内で昨年度から本格的に始められたことに伴い、同部会の規約の一部も改正された。

 総会では任期満了に伴う役員の改選も行われた。新役員は次のみなさん。任期は2年。

 部会長=梅原勉▽副部会長=岩崎茂治(会計兼務)、白波瀬廣司▽運営委員=菅沼淑子、大田好和、上原裕▽監事=内田修、高橋大治郎



2013.02.22pickup01

確定申告書の提出もOK

福知山税務署 I・Tビルで相談会

福知山税務署

相談会の初日は朝から大勢の人が訪れた(西町1丁目で)

 福知山税務署と近畿税理士会福知山支部は21日から西町1丁目のI・Tビルで「臨時申告相談会」を行っている。平成24年分所得税の確定申告が18日から始まっており、初日は朝から大勢の人が会場を訪れた。

 この相談会は、税理士から申告書の作成方法について指導を受けられるとともに、申告書を提出することもできる。綾部市民とって福知山市内にある税務署に行かなくてもよく便利。初日は開始10分後には午前中の定員約60人に達し、税理士や税務署職員らが対応に追われた。

 綾部市内での相談会は今後、同じ会場で22と25、26、27、28日に行われる。時間はいずれも午前9時半~正午と午後1時~同4時。



2013.02.22pickup02

 消防車両4台をオートマに

 市が市消防団に配備

 小型動力ポンプ3台も更新

消防車両4台を更新

 市消防団の消防車両のうち、配備されてから20年が経過した4台が20日、更新された。消防車両は今までマニュアル車が多かったが、今回は消防団員が運転しやすいよう、すべてオートマチック車を導入した。同日は上野町の大本長生殿前で、市から市消防団への引き渡し式と各分団への配備式が行われた=写真、市消防本部提供。

 市は今年度、ポンプ車1台と積載車1台、小型動力ポンプ付き積載車2台、小型動力ポンプ3台を更新した。総事業費は3164万7千円。各消防機材の配備先は次の通り。

 ポンプ車=東八田分団第2部(上杉町)▽積載車=東八田分団第1部(安国寺町)▽小型動力ポンプ付き積載車=山家分団第1部(広瀬町)中上林分団第1部(睦合町)▽小型動力ポンプ=吉美分団第2部(多田町)口上林分団第1部(十倉中町)中上林分団第4部(五津合町睦志)



2013.02.20pickup01

原発の避難計画について考え合おう

宇宙と農とわたし・丹波の会

綾部で講演会と座談会

宇宙と農とわたし・丹波の会

「ど~なん?避難計画30㌔」と題した講演会の様子(並松町で)

 「ど~なん? 避難計画30㌔」と題した講演会が16日、並松町の熊野新宮会館で開かれ、原発事故が発生した場合、原発から半径30㌔圏内を住民避難の区域にする国の指針などを基にしながら、参加者たちは原発問題について考え合った。

 市民グループ「宇宙と農とわたし・丹波の会」が主催した講演会は、午前10時と午後2時からの2回行われた。2回とも「おおい原発止めよう裁判の会」事務局長の島田清子さんと、グリーンアクション代表のアイリーン・美緒子・スミスさんが講演した。

 午後の部の講演のあと、同会が2月4日に避難計画の見直しに関して申し入れた綾部市からの回答の要旨をメンバーが報告。座談会では、福島第一原発事故で福島県南相馬市から綾部市へ避難してきた井上美和子さんが実体験を基にペット問題について話すなど、参加者は意見や疑問を出し合った。



2013.02.20pickup02

庶民同士の心と心の交流を!

市日中友好協会 3回目の交流会

40周年記念し6月に式典

日中友好協会交流会

交流会の最後は参加者全員が輪を作り、「北国の春」を歌った(宮代町で)

 市日本中国友好協会(松本哲郎会長)は17日、宮代町の市宮代コミュニティセンターで「日中友好交流会」を開いた。日本人と中国人合わせ27人の参加者たちはカラオケなどを通じて親睦(しんぼく)を深めた。

 現在、尖閣諸島をめぐって日中関係が悪化しているが、「こんな時こそ、庶民同士の心と心の交流が大切」と昨年に続いて企画したもので、今回で3回目となる。

 今年、参加した中国人は綾部市内の企業で研修を受けている男性や、日本人と結婚して市内に住む女性ら10人。それぞれ簡単な自己紹介をしたあとの歓談では、「日本人は親切」「道路や電車の車内がとてもきれい」「自然が美しい」といった日本の印象を語っていた。

 今回、初めて企画されたカラオケは盛り上がった。また、小西町在住の陳曼麗さんの二胡(にこ)演奏では、陳さんの生徒らが兵庫県朝来市から駆け付け、琴との合奏を披露した。

 最後は全員が輪になって手をつなぎ、日本語と中国語で「北国の春」を歌って交流会を締めくくった。

 今月10日に創立40周年を迎えた同協会は、6月2日に味方町の「京 綾部ホテル」で記念式典を行う。ペットボトル緑茶の「綾鷹」で知られる上林春松氏の講演などを予定している。



2013.02.18pickup01

湯煙の中で初の収録

大家族の湯に歌響く

FMいかる 朝風呂のど自慢

朝風呂のど自慢

温泉施設の浴場でマイクを握る参加者たち(味方町で)

 FMいかるは、番組の新コーナーとして始める「朝風呂のど自慢in大家族の湯」の1回目の収録を14日朝、味方町の「京 綾部ホテル・大家族の湯」で行った。男湯の浴場内にはカラオケ機器が設置され、出場者8人が湯気の立つステージで得意の歌を披露した。

 「朝風呂のど自慢」は、毎週水曜午前10時からの番組「ここに歌あり、ここに幸あり、しあわせの道しるべ」の中で放送される。

 収録は毎月第2木曜の午前7時から。毎回8人が出場し、1回の収録で4週放送分を作る。今回の収録分は今月20日と27日、3月6日、13日に放送する。

 初回の収録には市歌唱連盟の役員らもマイクを握り、音楽ホールとは異なったエコーを利かせて熱唱。入浴客らから拍手が送られた。

 次回の収録は3月14日。女性の出場者の場合はロビーで収録をする。問い合わせはFMいかる(電話42・9988)へ。



2013.02.18pickup02

3回目の吹奏楽合同演奏会

府立工業高と綾部中

吹奏楽合同演奏会

合同演奏でポップスなどの曲を披露する府立工業高校のマンボウ・ジャズ・バンドと綾部中学校の吹奏楽部(並松町で)

 並松町の市民センター中央ホールで17日、府立工業高校の「マンボウ・ジャズ・バンド」と綾部中学校の吹奏楽部による合同演奏発表会が開かれた。

 同発表会は、府の「京の文化力」推進事業で行われているもので、両校による合同演奏会は今回で3回目となる。当初は1月下旬を予定していたが、綾部中でインフルエンザの影響による学級閉鎖があったため、日程と会場を変更しての開催となった。

 初めに綾部中の吹奏楽部1、2年生35人がポップス2曲を演奏した。続いて1、2年生30人がステージに立ったマンボウ・ジャズ・バンドはジャズ3曲を披露。また、綾部中出身の女子生徒3人が曲紹介の合間に中学校時代の思い出話をするなど和やかな雰囲気になった。

 合同演奏では「銀河鉄道999」などを披露した。演奏後、客席からはアンコールが求められ再度、同じ曲を演奏。会場は大きな拍手に包まれた。



次のページ »