2010.4.19pickup01

「みせんバス」安全運行を!

NPO於与岐みせん 車両の入魂式行う

みせんバス

入魂式では車両の安全運行が祈願された(於与岐町で)

 NPO法人・於与岐みせん(上野司理事長)が過疎地有償運送事業として5月10日からの自主運行を計画している「みせんバス」の車両の入魂式が16日、於与岐町の同法人事務所前で行われた。

 入魂式には、同法人の役員や運転手を務める住民ら合わせて10人が参列。神官の稲葉達夫さんによって神事が厳かに執り行われ、参列者は一人ひとり玉串をささげるなどしながら、バス運行の安全を祈願した。

 「みせんバス」は10人乗りワゴン車で、車体は紺色。上野理事長によると、「白色やシルバーではなく、バスが走っていることが分かりやすい目立つ色にした」そうだ。

 同法人は、「みせんバス」運行開始式を25日午前10時から同町の弥仙会館前で行う。また、5月3日に同町で開催される第5回「山菜まつり」(於与岐区主催)の際、車両は一般駐車場と会場となる弥仙山登山口広場と往復するシャトルバスとして活用される。



2010.4.19pickup02

ゆっくり、ほっこり志賀郷満喫

「志賀郷田舎手作り三土市」始まる

三土市

にぎわう「三土市」の会場(志賀郷町で)

 志賀郷でゆっくり一日、楽しんで―。志賀郷手作り市実行員会(井上吉夫委員長)が来年3月までの月1回、第3土曜に志賀郷町の志賀郷公民館周辺で開催する「志賀郷田舎手作り三土市(さんどいち)」が始まった。初日となった17日は肌寒い一日となったが、市内外から多くの人が訪れて買い物などを楽しんだ。

 志賀郷地区の交流人口を増やすことを目的にした手作り市で、今回初めて企画された。会場内には飲食店のほか、工芸作品や農産物、農産加工品、生活雑貨など市内外から約50店が出店。中には子どもたちが出品したコーナーもあり、ポストカードや装飾した手鏡などが並べられた。

 この日は、井上委員長の案内で志賀郷の穴場を巡る「トントン馬車」があったほか、今後も手作り市以外に季節ごとに様々なイベントが予定されている。

 次回の開催は5月15日。時間は午前9時~午後4時だが、売り切れ次第、終了する店も。雨天決行。



2010.4.16pickup01

7月に再び中東の青少年来綾

市制施行60周年市民会議 事業計画決める

市制施行60周年市民会議

市役所委員会室で開かれた「市制施行60周年市民会議」の設立総会

 「市制施行60周年市民会議」の設立総会が15日、市役所委員会室で開かれ、事業計画として7月末にイスラエルとパレスチナの青少年らを日本に招いて交流する「中東和平プロジェクト」を綾部市で再度実施することなどを決めた。

 同会議は今年度、市民団体などが中心となって記念事業を行うための組織。役員は議長に市市民憲章推進協議会の平野正明会長、副議長に市自治会連合会の川端勇夫会長、監査に市議会の森永功議長と市観光協会の西村之宏会長が就任した。

 同会議は、「平和と環境」をテーマに記念事業を展開する。うち中東和平プロジェクトは、平成15年に綾部市で初めて開催され、以後、国内各地で取り組まれてきた。

 綾部市で2回目となる中東和平プロジェクトは、同会議内に設けられた実行委員会(委員長=山崎善也市長)が主管する。市民大会は7月25日に行う。

 また、同会議は記念事業として市街地に「バラ園」の整備も計画。実行委員会(委員長=由良龍文・綾部商工会議所会頭)を中心に取り組む。バラ園は今秋の開園予定。

 一方、市は市制施行60周年の記念式典と記念講演会を8月1日、里町の府中丹文化会館で開催する。



2010.4.16pickup02

自転車の運転マナーは?

上林中で交通安全教室

交通安全教室

自転車に乗って交差点の正しい渡り方などを学ぶ生徒たち(八津合町で)

 全校生徒のほとんどが自転車通学している八津合町の上林中学校(榊原正純校長、41人)で15日、交通安全教室が催され、生徒たちが運転マナーなどを学んだ。

 指導には綾部署交通課の女性巡査や綾部交通安全協会の女性部員らが訪れた。

 当日は時折小雨が降ったため、教室は体育館で実施。床にカラーコーンを並べて交差点が仮設された。

 生徒たちは一人ずつ自転車に乗って、一時停止や左右前後の安全確認を行ったり、等間隔に立てたピンの間をジグザグ走行するなど安全走行も心がけた。

 このあと生徒たちは図書室に移って、クイズ形式で自転車に関する交通法規を学んだ。



2010.4.14pickup01

手作り市にどうぞ!

第3土曜は志賀郷へ

17日に第1回「三土市」

三土市

「志賀郷田舎手作り三土市」のチラシ

 志賀郷地区の交流人口を増やすことを目的にした手作り市が17日午前9時から午後4時まで、志賀郷町の志賀郷公民館周辺で開催される。毎月第3土曜に開くことから「志賀郷田舎手作り三土市(さんどいち)」(志賀郷手作り市実行委員会主催)と名付けられ、市内外から約50店の出店が予定されている。

 イベントのコンセプトは、家族連れで一日のんびりと志賀郷地区を楽しんでもらうこと。会場では工芸作品や農産物、農産加工品を販売するほか、飲食店も出店する。

 また、当日はシイタケの菌打ちワークショップや、志賀郷で生まれ育った実行委員長の井上吉夫さんが「トントン馬車」で、志賀郷の穴場を案内するツアーも予定されており、春の志賀郷が満喫できる。



2010.4.14pickup02

15日まで全国交通安全運動

応急救護処置の講習も

市安全・安心のまちづくり推進協議会

綾部自動車学校で自動車安全運転教室

安全運転教室

人形を使って心臓マッサージの仕方を学ぶ参加者たち(岡町で)

 市安全・安心のまちづくり推進協議会(会長=山崎善也市長)は13日、岡町の綾部自動車学校で高齢者らを対象にした自動車安全運転教室を催した。

 同教室には市老人クラブ連合会と市シルバー人材センター、あやべ福祉フロンティアの関係者計25人が参加。今年は自動車運転の技能チェックに加え、応急救護処置の講習が行われた。

 応急救護処置の講習では、参加者が一人ずつ人形に人工呼吸や心臓マッサージを実習した。

 75歳の女性は「けがをした人に限らず、家庭でも役に立つことなので学んで良かった」と話していた。  



2010.4.12pickup01

電気自動車の充電できます

府 あやべ温泉にコンセント設置

電気自動車コンセント

あやべ温泉の二王館横に設置された200ボルトコンセント(睦寄町で)

 電気自動車の充電ができる200ボルトコンセントがこのほど、睦寄町のあやべ温泉の二王館横に設置された。

 府は、電気自動車などの普及を図るために条例を制定したほか、普及促進計画を策定するなどの取り組みを進めている。その一環として、府内で電気自動車用の急速充電器と200ボルトコンセントの整備を行っている。あやべ温泉のコンセントも府の補助で設けられた。

 府は、今年度中に太陽光発電付き急速充電器を8カ所に設置する予定。

 府が設置(補助も含む)し、供用開始されている急速充電器と200ボルトコンセントがある場所は次の通り。

 【急速充電器】農匠の郷やくの(福知山市夜久野町)▽丹波マーケス(船井郡京丹波町)▽ガレリアかめおか(亀岡市)▽文化学術研究交流施設「けいはんなプラザ」(相楽郡精華町)▽府立総合資料館(京都市左京区)▽府総合見本市会館(京都市伏見区)

 【200ボルトコンセント】府立植物園(京都市左京区)▽山城広域振興局宇治庁舎(宇治市)▽南丹広域振興局亀岡庁舎(亀岡市)▽あやべ温泉(綾部市)▽石清水八幡宮(八幡市)▽上賀茂神社(京都市北区)▽高台寺(京都市東山区)▽大覚寺(京都市右京区)▽松尾大社(京都市西京区)



2010.4.12pickup02

市内各所で「桜祭り」

山家「散る桜花」に惜春の風情

さくらまつり

「餅まき」の時には今年もたくさんの人が集まった(広瀬町で)

 前日の好天とは打って変わり、朝から雨が降るあいにくの天気となった11日、広瀬町の山家城址公園で第35回「山家さくら祭り」(山家観光協会主催、山家郷土芸能保存会・市観光協会共催、山家商工繁栄会主管)が「雨天決行」で行われた。

 会場には各種飲食物の売店が並ぶ中、傘を手にした人たちが次々と来場。山家太鼓の演奏や「あまのはしだて座」による南京玉すだれなどの大道芸が披露されたほか、プロ歌手の三宅淳子さんの歌謡ショーも行われた。

 恒例となった紅白の餅まきでは、高台から投げられた袋入りの餅が桜の木に当たり、花びらが辺りに舞うシーンも見られた。また、公園内の路面には雨で落ちた桜の花びらが散らばり、惜春の風情を醸し出していた。



2010.4.9pickup01

「いかのおすし」守ってね!

10小学校の1年生に下敷き寄贈

市安全・安心のまちづくり推進協

いかのおすし

「いかのおすし」の標語とイラストを載せた下敷き

 新入学児童たちの防犯指導に役立てて下さい―と、市安全・安心のまちづくり推進協議会(会長=山崎善也市長)は7日、市小学校校長会(会長=大槻初男・上林小校長)に「いかのおすし」の標語とイラストを載せた下敷きを寄贈した。

 「いかのおすし」とは、①知らない人に「ついて『いか』ない」②知らない人の「車に『の』らない」③怖い人に出会ったら「『お』お声を出す」④知らない人に連れて行かれそうになったら、「『す』ぐに逃げる」⑤何かがあったら、「『し』らせる」―の五訓の文字を組み合わせた標語。

 市役所市長室で山崎市長から下敷きの贈呈を受けた大槻校長は、「各小学校で子どもたちの一層の安全確保に努めます」と感謝していた。

 同協議会は下敷きを約4万8千円の費用で350枚作った。下敷きは8日以降、市内10小学校の1年生に配られる。



2010.4.9pickup02

5000本のチューリップ見頃に

小畑町で

チューリップ

咲きそろい始めている約5千本のチューリップ

 小畑町のあやバス「松原」バス停近くの畑で、約5千本のチューリップが咲きそろい始めている。

 チューリップは、同町の由良一利さん(76)が10年ほど前から栽培している。由良さんは花が枯れたあと、採取した球根を翌年用に使っているが、新たに1千個の球根も購入した。昨秋、約5千個の球根を植えるのに1週間以上の日数を要したそうだ。

 チューリップは畝ごとに赤や白、黄など花の色を分けて植えられている。品種によって開花状況は異なるが、「今週末から来週いっぱいが見頃になると思う」と由良さんは話している。



« 前のページ次のページ »