2013.11.22pickup01

更なる支援を呼びかけ

花火大会事故被害者の会

 福知山花火大会事故被害者の会(盛本英靖会長)の入会者は、発足して半月たった19日現在で当初の6家族13人から4家族増えて10家族20人と支援者十数人になった。同会は、12月に花火大会を主催した実行委員会と共催の福知山市に対して要望書を手渡す準備を進めている。

 3人が死亡し54人が重軽傷を負った花火大会事故の被害者の会には、重い火傷で今も苦しんでいる綾部市の2家族も含まれ、同会は「少しでも力を貸して下さい」と入会を呼びかけている。

 被害者の会は、被害者らの活動を支援する「市民会員」や資金面で支える「賛助会員」を更に募っている。同会事務局は福知山市荒河東町にあり、連絡先は電話24・5881(ファクス兼用、平日午後1時~同5時)。同会のホームページはhttp://kurikaesanai.aikotoba.jp/

 会の運営資金に充てる支援金の口座は、ゆうちょ銀行普通預金、記号14470、口座番号1312491、口座名義=福知山花火大会事故被害者の会。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。