2012.06.29pickup01

来春高卒者への求人要請

行政と高校連携で商議所に

求人要請

山崎市長(手前左)からの要請書を受け取る由良会頭=西町1丁目で

山崎善也市長や綾部高校の福井真介校長らが27日、西町1丁目の綾部商工会議所(由良龍文会頭)を訪れ、来春卒業予定者の求人要請をした。現時点で就職希望の生徒が昨年を上回っているため、生徒たちにとって更に厳しさが増すことを懸念。これまで公共職業安定所単体での要請だったが、地元就職先の確保に向けて初めて行政機関と高校がスクラムを組んで動いた。

この日は山崎市長と福井校長のほか、私学を代表して山口剛・福知山淑徳高校長と梅本良彰・福知山公共職業安定所長、木村学・府中丹広域振興局長が訪問した。

山崎市長から要請書を受け取った由良会頭は、「十分に理解できるので会員事業所に協力を求めていきたい」と約束。行政機関と高校からは「生徒たちがこの地で心配することなく就職できるようご協力を」などと思いが伝えられた。

福知山公共職業安定所によると、管内の今春卒業者に対する求人数は231人。学校か安定所の紹介を希望する生徒数は308人で、求人倍率は0・75倍だった。

管内の来春卒業予定者数は1515人の見込み。このうち就職希望者は現時点で約400人に上り、前年の345人を上回っている。また、地元就職を望む生徒が多いようだ。

※記事を抜粋。全文は本紙で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。