2014.02.17pickup01

道路の青いライン 何?

実はサイクリングコース

府が2カ年事業で整備

道路の青い線

サイクリング用のコースを示し、交通安全の注意を促す青いライン(大島町で)

 市内の府道福知山綾部線で先週から、車道脇の白線に並行して青色のラインが順次引かれている。これは府が計画する「サイクリングロード」(約100㌔)の整備の一環。市内では今年度、高津町から西町2丁目までの府道と、西町2丁目から青野町のグンゼ前までの市道で、道路両脇に青いラインが引かれる予定。

 全国の自転車愛好家に中丹3市を訪れてもらい、サイクリングを安心して楽しんでもらうことを目的に、府は今年度から2カ年事業で、「サイクリングコース」を整備する。

 コース名は「~京都由良川回廊~京都『ゆラリー』サイクリングロード」。コースは中丹3市の「海の京都戦略拠点」などを結ぶ約100㌔。コースを明示する青いラインや距離表示、案内板などを順次設置する。全体の総事業費は2カ年で1億5千万円程度になる見込み。

 うち今年度に実施するのは、重点区域に指定されている「福知山城―あやべグンゼスクエア間」を含む約50㌔。市内では高津町から青野町までが青い線で結ばれる。

 また来年度は青野町から吉美地区、上林地区を経由して舞鶴方面へと抜けるルート(府道綾部インター線―中丹広域農道―府道小浜綾部線―府道舞鶴和知線)も同様に青色のラインで結ばれる。

 このラインは、車道を走行する自転車利用者に対し「左側通行」の原則を守るよう注意喚起し、自動車運転者に対しても自転車に注意を払うよう促す意味合いがある。

 府では今年度末の重点区間整備完了に併せ、オープニングイベントとしてのサイクリングイベントも計画している。



2014.02.17pickup02

「薬草の森」に400個の竹行燈

奥上林で「冬あかり」

風雨弱まり一瞬の奇跡も

奥上林の「冬あかり」

川の流れや雪の結晶をイメージして並べられた竹行燈とスタードーム(睦寄町で)

 睦寄町の二王公園・薬草の森で15日夕、約400個の竹行燈(あんどん)を灯(とも)す初のイベント「冬あかり」(奥上林地域振興協議会主催)が開かれた。悪天候で中止も危ぶまれる中、夕方からは奇跡的に風雨が弱まり、竹行燈などの幻想的な光が会場に浮かび上がった。

 都市農村交流や冬の話題作りとして同協議会が今年初めて計画。第3セクター会社・緑土、旅館・吉水、NPO地球緑化センター(本部・東京都)、綾部市の協力で実現した。

 同センターからは、「若葉のふるさと協力隊」(田舎体験の短期プログラム)で19~30歳の大学生と社会人の計5人が、関東や大阪などから参加。12日に綾部入りし、地元住民と交流しながら竹行燈の制作などを行った。

 迎えた当日は、強風と雨の悪天候に。それでも関係者らは「水源の輝き」をテーマに考えたレイアウト通りに竹行燈と半球形の「スタードーム」を並べ、天候の回復を待った。 

 午後5時過ぎからは更に風雨が激しさを増し、いったんは点灯を諦め〝形だけ〟の点灯式を開催。関係者や観客ら100人近くが集まる中、同協議会の橋本正己会長や来賓の山崎善也市長も「残念でした」と肩を落とした。

 しかしその後、奇跡的に風雨が弱まり、急いでろうそくに点火。再び風で火が消えるまでの十数分だけ会場全体に火が灯り、喜びの声が上がった。

 大阪から参加した協力隊の金梨恵さん(30)は「予定通りにいかない自然の厳しさも体感できた。地域の皆さんがとても温かかった」と大満足の様子。橋本会長も「都会の皆さんに楽しんでもらえて良かった」と喜んでいた。

 



2014.02.14pickup01

血液不足解消に協力を!

綾高で「献血セミナー」

綾部献血推進協 3年生対象に

綾部献血推進協議会は12日、綾高で初めての「献血セミナー」を開いた。

○×クイズで献血に関する情報を生徒たちに伝える血液センターの職員ら(岡町で

 綾部献血推進協議会(会長=上原直人副市長)は12日、岡町の綾部高校で初めての「献血セミナー」を開き、講師として訪れた府赤十字血液センター(京都市)の職員らが、3年生約240人に対して献血への理解を求めた。

 同協議会によると、少子高齢化や若年層の献血離れなどが原因で、血液不足が2027年にピークを迎える「2027年問題」が全国的に指摘されている。

 そこで将来献血を支える若者世代への普及を目指して企画したのが今回のセミナー。同センターで広報を担当する菅沼誠人献血係長ら3人が講師として来校した。

 この日、菅沼係長らは、献血すると心臓発作のリスクが下がることや、日本人はA型が最も多いことなどを○×クイズ形式で紹介。また10、20代の献血者が10年間で40%も減っていることを数値で示し窮状を訴えた。

 さらに輸血を利用して先天性心疾患や急性骨髄性白血病を克服した人たちのビデオメッセージも交え「困っている人たちのために献血を」と呼びかけた。  



2014.02.14pickup02

「女声アンサンブル」

「楽典をまなぶ」

音楽の2講座開講

府中丹文化事業団

  府中丹文化事業団は、平成26年度の新規事業として、専門性が高い2つの音楽講座を開講する。いずれも講師は、綾部出身の大阪音楽大学名誉教授、阪上和夫さんら。同文化事業団は、合唱や吹奏楽などのレベルアップを図りたいと考えている人らの受講を呼びかけている。

  4月15日から来年3月17日まで計12回行われる音楽講座は「楽典をまなぶ」。「楽典」とは、楽譜や音楽全般にかかわる約束事のこと。この講座では用語や音程、調性、和音といった音楽関連の知識を得ながら、楽譜の見方を学ぶ。

  講座は毎回午後7時から2時間で、会場は里町の府中丹文化会館練習室。受講対象は高校生以上、受講料(教材費込み)は1万2千円。申し込みは4月1日までだが、定員25人になり次第、締め切る。また、4月1日には説明会も行われる。

  もう一つの講座は「日本のうた♪ 女声アンサンブル」。開講日は6月4日で、来年3月18日まで計20回、府中丹文化会館で行われる。

  講師は阪上さんと、大阪音楽大演奏員で発声サークル「カメラータMIKI」主宰の氏家美紀さん。

  高校生以上の女性を対象にしたこの講座では、日本語の母音と子音の特性や音の響きのメカニズムを考え、発音や発声法を学びながら、童謡や唱歌を中心にした「日本のうた」の合唱を楽しむ。

  時間は毎回午後7時から同9時まで。受講料(教材費込み)は1万円。定員20人。申し込みの締め切りは4月30日。

  各講座の受講申し込みと問い合わせは同文化事業団(電話42・7705)へ。

 



2014.02.12pickup01

コ宝ネットに永井奨励賞

子育て世代の定住を促進

発足5年で18世帯41人

地元の頑張りに行政がサポートを

平成25年度市永井授賞式が10日に市役所で行われ、永井奨励賞を受賞した「コ宝ネット」に表彰状と賞金が贈られた。

山崎市長から表彰を受ける井上代表(正面左)と大槻さん=市役所第1委員会室で

 平成25年度市永井賞授賞式が10日、市役所第1委員会室で行われ、永井奨励賞を受賞した「コ宝ネット」の井上吉夫代表(62)らに表彰状と賞金30万円が贈られた。今回、永井大賞と永井賞の該当者はなかった。

 志賀郷地区の住民18人で組織するコ宝ネットは、平成17年から地元に子育て世代の定住者を増やす活動を続けている。

 Iターン希望者に空き家を提供したり、定住者が地域になじめるよう援助しているほか、地元住民と都市部に住む若い家族との交流会を催すなど、活動は活発。

 発足から5年間の時点で18世帯41人(うち18人が中学生以下)が移住した。6年目からは志賀郷地域振興協議会の下部組織となり、地域とのつながりが強まった。

 授賞式にはコ宝ネットのメンバー8人のほか、来賓の高倉武夫市議会議長と四方源太郎府議、市永井産業振興基金審議会の山下信幸委員長が出席。山崎善也市長から井上代表に表彰状、メンバーの大槻雅久さん(80)に賞金が手渡された。

 受賞スピーチで井上代表は、個人的に始めた若い定住者を増やす取り組みを、組織化して行う必要性を感じた時、地元の先輩5人から強力な支援を得られたことで、コ宝ネットに発展した経緯を説明し、関係者に感謝の言葉を述べた。

 今後の活動に向けて井上代表は「地元住民でないとできないこと、行政でないとできないことがある。地元住民の頑張りを行政がサポートして頂ける関係を望みたい」と思いを話していた。



2014.02.12pickup02

振り込め詐欺に注意を

小西自治会「町民のつどい」

綾部署の畑警部補が講演

小西自治会で「町民のつどい」が開かれ、振り込め詐欺に関する話を聞いたり、音楽演奏を楽しんだ。

公会堂で住民たちは畑警部補の話に耳を傾けた(小西町で)

 小西自治会(山下健悟会長、68世帯)は9日、小西町の公会堂で「町民のつどい」を開き、参加した住民たちは振り込め詐欺に関する話や音楽演奏に耳を傾けた。

 2年に1回催している「町民のつどい」では、住民たちが余興を楽しむだけでなく、日常生活にかかわることに知識を深めている。今年は、全国的に多発する振り込め詐欺の被害防止の方法を学ぶため、講師に綾部署生活安全課の畑賢治警部補を招いた。

 畑警部補は最近の振り込め詐欺の様々な手口について紹介。警察官になりすました詐欺の手口も発生しており、「そのような電話が掛かってきたら、まず綾部署に問い合わせてほしい」と述べた。

 参加者たちは、昼食に自治会女性部の部員たちが手作りしたカレーライスを味わった。午後には住民でもある二胡奏者の陳曼麗さんの演奏に合わせて童謡を歌ったほか、マジックショーやカラオケを楽しんだ。



2014.02.10pickup01

小学生が「防災マップ」

綾部小4年生 組ごとに作り発表も

校区内の「危険」「安全」場所を調べて

綾小4年生防災マップ

防災マップを披露して、調べたことなどを発表する4年1組の児童たち(上野町で)

 自然災害発生時に安全に避難したり、交通事故などの人的災害にも遭わないよう校区内の危険な場所と安全な場所を明示した地図を作ろう―と上野町の綾部小学校(大槻富美雄校長)の4年生91人は、3クラスごとに独自に「防災マップ」を作成。児童たちが実際に校区内を歩いて、危険な場所や安全な場所を調べた。4年生たちは7日、上級生や下級生にマップを披露して、調べた事柄について発表した。

 4年生たちは昨秋に取り組んだ「避難学習」の中で、防災マップ作りを計画。1組の子どもたちの場合、住宅地図を張り合わせた2・5㍍×1・9㍍の校区内の地図に、様々な情報を盛り込んだ。

 危険な場所については赤、青、黄、緑、銀の5色の印を記入。赤は「車の往来が多い道路」、青は「水路や河川付近」、黄は「人通りが少ない所」など。

 「子ども110番の家」といった安全な場所がある所はオレンジ色の目印。各色の場所がどのように危険や安全なのかは、説明書きの付箋(ふせん)を付けている。

 1組の児童たちは7日午後、図工室で3年生たちに防災マップを披露。地図内を指しながら赤印の場所に関して、「紫水ケ丘には7カ所あるうち、6カ所は道路が交差していて、どの方向から車が来るか分からない」。人通りが少ない所での注意として「不審者が出たら、近くのこども110番の家に逃げて下さい」と述べた。

 最後に4年生たちは、防災学習を通して感じたことについて、「自分の身は自分で守ることが大切。みなさんもその意識を持って下さい」と話した。



2014.02.10pickup02

綾部市 5位入賞

府民総体・市町村対抗駅伝

市町村対抗駅伝

第3中継所では足垣選手(左)から村上選手にタスキリレーされた=新庄町で

 第36回府民総体・市町村対抗駅伝競走(府体協など主催)が9日、福知山市猪崎の三段池公園総合体育館前を発着点にして開かれ、綾部市チームは1時間59分14秒のタイムで昨年より2つ順位を上げ5位入賞を果たした。優勝は5区に綾部出身の新庄浩太選手を擁した京田辺市(1時間53分48秒)だった。文中敬称略。

 同駅伝は福知山と綾部両市内を周回する8区間36・209㌔のコースで行われ、市町村代表の22チームが出場した。当日は、前日に降った雪が道路脇に残り、路面が濡れた状態だった。

 綾部市は、1区(一般女子)の野々垣由希が13位、2区(中学高校女子)の四方あさひが14位の順位で3区の足垣練(一般男子)にタスキリレー。

 当初、3区を走る予定だった中央大学3年の新庄翔太がけがで欠場となったため、2日前に3区走者に抜擢された足垣は、5人を抜いて9位に浮上する力走を見せた。

 4区(中学男子)の村上俊輔は区間2位の走りで順位を2つ上げて7位、5区(高校一般)の長谷部匠が更に2人を抜いた。

 6区(中学高校男子)の上柿拓輝と7区(中学女子)の丸岡凛子が5位をキープして8区(一般男子)の野崎天馬にタスキをつなぐと、野崎は順位を守ってゴールインした。

 田中克典監督は、「予定していた選手の変更があったり、1年ほど駅伝から遠ざかっていた選手もいた中、どの区間の選手も目標設定タイム内の走りを見せてくれた。2時間を切るタイムで5位入賞は、良い結果」と話していた。

 京田辺市と綾部市を除く入賞チームは次の通り。②宇治市③京都市④福知山市⑥亀岡市⑦与謝野町⑧城陽市

 また、「市町村チャレンジ」の部には18チームが挑んだ。綾部市B(梅原未侑、蘆田絢菜、石橋創、太田亮太、古和田響、立藤竜生、伊賀雪乃、波多野直也)が6位、綾部A(辻田美歌、榎原由奈、大塚修平、川上晴生、可部谷武蔵、佐々木優治、古和田千早妃、坂口貴哉)は7位だった。



2014.02.07pickup01

立命大の学生16人

里山再生に協力

白道路で楮の皮むき

伝統行事の手伝いも

立命館大学の学生16人が2泊3日で白道路町に滞在し、楮の皮むき作業や伝統行事の初午祭を手伝うなどした。

楮の皮むき作業を手伝う学生たち(白道路町で)

 立命館大学の学生たちが3日から5日までの2泊3日の日程で白道路町に滞在し、和紙の原料となる楮の皮むき作業を手伝うなどして、里山再生の活動に協力した。             

 このボランティア活動は、同大学サービスランニングセンターとNPO法人里山ねっと・あやべが提携して計画。白道路町の「神浪山麓ふるさと会」(千原正紀会長)が学生たちを受け入れた。

 学生16人と職員1人が参加。学生たちは初日、物部町の物部小学校を訪問して児童たちと交流し、2日目には白道路町の伝統行事「初午(はつうま)祭」を手伝い、黒谷町で紙すきを体験した。

 5日には楮の加工施設で白道路楮栽培推進協議会のメンバーらから指導を受けて、楮の皮むき。釜で楮が蒸し上げられると、学生たちは細長い楮の端を片手で握ってひねり、皮がはがれるとバナナの皮をむくようにして皮を取った。

 同協議会は、昨年3月に解散した白道路楮生産組合の事業を引き継いでおり、昨年末に楮を収穫。収量は楮の生皮で800~900㌔を見込んでいる。生皮はすべて黒谷町に出荷している。

 1年の岩井祐樹さん(19)は、全校児童50人余りの物部小について、「1年生から6年生までみんな仲が良くてほほえましかった」という印象が強かったそうだ。

 2年の湧上さくらさん(20)は、紙すきや楮の皮むきを通して「黒谷和紙という綾部の伝統産業に触れられたことが良い経験」と話す一方、沖縄県出身でもあり「綾部に来て、初めて雪を見ました」と興奮していた。



2014.02.07pickup02

9日に「ひな工房」作品展   

本町4丁目の「温雅」で

2月9日、西町4丁目のギャラリー温雅でひな工房新作展示が行われる。

 木工・木彫り作家の上原雅子さん=上野町=の「ひな工房・新作展示」が9日、本町4丁目の「ぎゃらりー・温雅(おんが)」で開かれる。

 上原さんはウサギをモチーフにした作品を中心に創作活動している。今回の展示会のテーマは「一日だけのひなまつり」。約20点を出品する。また、、草木染め・織り作家の中山温子さん=神宮寺町=の作品(着物、ショール)も並べられる。

 開催時間は午前10時~午後5時。入場無料。会場はI・Tビルの西隣。



« 前のページ次のページ »