2012.06.06pickup01

通学路の安全対策に1千万円

亀岡での死傷事故を受け

危険度高い市道29カ所で

通学路の安全対策

市が路側帯の白線を引き直す市道上野試験場線(上野町で)

亀岡市で集団登校中の児童らが死傷した事故を受けて市は、通学路の安全対策に乗り出す。このため、6月補正予算案に1千万円を計上。今すぐに事業着手できる市道29カ所でカーブミラー設置などを進め、児童らの安全確保に努める。

今回、市道29カ所で行う対策をみると、上野町の上野試験場線など11カ所では、薄くなった路側帯の白線を引き直す。中筋町の渕垣旧府道線など8カ所では転落防止柵を設置する。

一方、東神宮寺自治会(安積將明会長)は近く、地元の市道2カ所に啓発看板を設置する。幅員が狭くて危険なことから児童・生徒たちの安全確保のため、自治会独自で取り組む。様子を見て今後、設置個所を増やしたい考え。

綾部市内では、城山町の府道綾部大江線の交差点で5月29日、集団登校中の吉美小1年の女子児童がライトバンと接触し、軽傷を負う事故が発生。その後、学校は登下校指導の回数を増やすなど児童の安全確保に努めているほか、事故現場にはPTAが「飛び出し坊や」の看板を設置した。

府中丹東土木事務所はこの事故を受け、応急措置として見通しを悪くしていた交差点周辺の草を刈った。具体的な対策については11日の調査で話し合う。府では「府民公募型安心・安全整備事業」の予算30億円の一部、5億円を使って府内で緊急的な安全対策を講じる方針だ。

※記事を抜粋。全文は本紙で。



2012.06.06pickup02

名誉と誇り胸に臨みたい

市消防団中上林分団

府操法大会に向け訓練開始式

府操法大会に向け訓練

渡邉分団長(左)から紹介される選手要員=八津合町で

8月5日に船井郡京丹波町で開催される第22回府消防操法大会に、綾部市代表で出場する市消防団中上林分団(渡邉秀雄分団長)の訓練開始式が1日夜、八津合町の上林中学校グラウンドで行われた。

式では山崎善也市長と井関治・中上林地区自治会連合会会長がそれぞれ激励の言葉を述べたあと、西安榮樹・市消防団団長が「これからの訓練は厳しいものになる。体調を管理し、大会当日は悔いのない操法をしてほしい」と訓示した。

渡邉分団長が大会に出場する選手要員を紹介したあと、「大会まで訓練を重ね、名誉と誇りを胸に全力を尽くしたい」と決意を語った。 激励金の贈呈などに続き、選手要員たちは2チームに分かれ、小型ポンプを使った操法を披露した。



2012.06.04pickup01

7日から「アンネ・フランク展」

聖イエス会綾部教会が集蔵で

アンネ・フランク展

綾部バラ園で栽培されている「アンネのバラ」(青野町で)

聖イエス会綾部教会(篠田博代表)は7日から10日まで、青野町のグンゼ博物苑・集蔵で「アンネ・フランク展」を開く。入場無料。

綾部は、「アンネのバラ」を世界に広めた最初の場所。今回は、そのバラが日本に届けられて今年で40周年になることを記念して開催する。同教会は「アンネ展を通じて平和と命の大切さを考える機会にしてほしい」と来場を呼びかけている。

開催時間は午前10時~午後5時。会場には、アンネが強制収容された「アウシュビッツ収容所」のレンガや有刺鉄線、アンネの写真などを載せたパネルが展示される。期間中の9と10の両日には午後1時半から、高槻町でアンネのバラを36年間育てている山室建治さん(71)による特別講演会もある。



2012.06.04pickup02

見頃は今月中旬

鍜治屋町の綾部花しょうぶ園

入園無料 今年もオープン

綾部花しょうぶ園

綾部花しょうぶ園では開花したり、つぼみが膨らみかけているハナショウブもある(鍜治屋町で)

50㌃の敷地内に約200種類、10万株のハナショウブが栽培されている鍛治屋町の「綾部花しょうぶ園」(山下民雄園長)が1日、オープンした。現在は早生品種の数種類の花が咲いている状態だが、今月中旬には見頃になりそうだという。

平成5年に開園し、綾部の観光スポットとして親しまれている同園には市外からの観光客も多く、開期中に延べ7千人が訪れたこともある。

今年は例年より開花時期が少し遅いそうだが、園内には白や紫、薄紫などのハナショウブが咲いているほか、つぼみが膨らんでいる花もある。

同園の開園時間は午前9時から午後5時半まで。入園無料。開園期間は花の開花状況を見て決める。



2012.06.01pickup01

世界平和、震災復興祈願

亀岡で大本開教120年祝う祭典

大本開教120年

祭典が行われた万祥殿で玉串をささげる山崎市長(右から2人目)ら=亀岡市で

明治25年(1892)2月3日に綾部で開教した大本の開教120年を祝う「世界平和の祈り祭典」が30日、亀岡市荒塚町の宗教法人大本の天恩郷「万祥殿」で執り行われ、世界平和と併せて東日本大震災の鎮静と復興を祈願した。

祭典には亀岡市の栗山正隆市長と綾部市の山崎善也市長を始め、亀岡市に関係する国会議員代理の秘書や両市選出の府会議員、市会議長、商工会議所や自治会といった各種団体の代表など55人の来賓や近隣からの信者ら200人余りが参列。

世界平和と東日本大震災鎮魂復興を祈願する祝詞が奏上されたあと、出口紅・5代教主や大本幹部らに続いて栗山、山崎両市長ら来賓が次々と玉串を奉奠(ほうてん)した。

祭典のあと参列者らは、万祥殿の前庭で記念撮影。さらに開教120年記念事業として昨年末に完成した神教殿と「みろく会館」の「ギャラリーおほもと」を見学したあと、祝賀会で和やかに歓談した。



2012.06.01pickup02

公益社団法人で初の総会

市シルバー人材センター

設立時からの会員2人に感謝状

市シルバー人材センター

松本理事長(左)から感謝状を受ける白波瀬さんら=並松町で

今年4月から公益社団法人としてスタートした市シルバー人材センター(松本哲郎理事長)は5月26日、並松町の市民センター中央ホールで定時総会を開いた。席上、昭和62年10月の設立時に入会し、理事などの役職も務めてきた朝子平紀さん(85)と白波瀬まつゑさん(88)の2人に感謝状が贈られた。

総会には、木村学・府中丹広域振興局長や山崎善也市長ら来賓も出席。初めのあいさつで松本理事長は、長引く不況の影響で受注金額が減少傾向にあるなどの厳しい状況下、公益社団法人への改組を契機に新規事業も展開していく考えを示しながら、「役員と職員、会員のみなさんが結集し、市民のためのシルバー人材センターになるよう運営協力をお願いしたい」と述べた。

同センターの今年3月末現在の会員数は482人(男338人、女144人)。今年度の事業計画には、昨年度末で解散した市みどり公社から継承された緑化推進事業に積極的に取り組むことのほか、団塊世代の加入促進を図るために事務系就業機会の開拓や、介護事業への新規参入の検討なども盛り込まれている。

※記事を抜粋。全文は本紙で。



« 前のページ