2017.07.26pickup01

「上林分団」来春誕生

市消防団 中上林と奥上林分団が統合

市長へ検討結果を報告

1足す1を2以上に 森田分団長

今よりよくなると期待  仲井分団長

団員減少を理由にしたものとしては、府内でもおそらく初となる市消防団(白波瀬博之団長)の中上林分団(森田晋分団長、54人)と奥上林分団(仲井良彰分団長、26人=機能別消防団員除く)の統合に向けて市消防団は25日、市役所を訪れて山崎善也市長に再編についての検討結果報告をするとともに4項目について要望をした。来年4月1日から、両分団は「上林分団」として再出発することになる。

山崎市長に検討結果報告書を手渡す(左から)白波瀬団長、森田分団長、仲井分団長ら=市役所で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.26pickup02

早朝から多くの参拝者

高倉神社で「土用の丑祭」

病気平癒などを祈願

「土用の丑(うし)の日」の25日、高倉町の高倉神社(四方幸則宮司)で恒例の「天一さんの土用の丑祭」があり、市内外から多くの参拝者が訪れた。

厳かに執り行われた本殿祭(高倉町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


綾高野球部 京都大会 準決勝 速報

綾   部 000000010 = 1

京都成章 01011101X = 5

カテゴリー WEB速報


2017.07.24pickup01

第99回全国高校野球選手権京都大会

綾高 42年ぶり4強入り

塔南との投手戦制す

24日午後に京都成章と準決戦

綾高 42年ぶり4強

綾部の歴史的な一戦に声援を送る1塁側スタンドの応援団(京都市内で)

 

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.24pickup02

極彩色ショーに酔う

あやべ水無月まつり

あやべ水無月まつり

極彩色の花火が夜空を焦がすと歓声があがった(並松町側から写す)

 

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.21pickup01

綾部西国観音霊場会

マスコットキャラクター決定

全国公募の42点から選出

バリエーション増やしネットでPRも

認知度アップを狙って積極的な広報活動を模索している「綾部西国観音霊場会」(会長=中嶋暁道・高源寺住職)はこのほど、デザインを一般公募していたマスコットキャラクターを決定した。綾部市の鳥であるイカルに、同じく綾部市の花である梅があしらわれ、イカルが歩いて巡拝しているような動きがつけられている。同会では「様々な場面で活用していきたい」と、霊場会PRのより積極的な推進に役立てたい考えだ。

綾部西国観音霊場会のマスコットキャラクター

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.21pickup02

カヌー・ラフティング教室

52人が川下り満喫

山家地域の由良川などで

約6㌔〝完走〟

やまが元気プロジェクト委員会(谷口和紀委員長)が初めて企画・運営した「カヌー・ラフティング教室」(府中丹広域振興局主催)が16日、上原町から並松町にかけての由良川で開かれ、一般募集で集まった8歳から70代までの52人が、大自然の中での川下りスポーツを満喫した。

カヌーやラフティングで急流に挑む参加者ら(下原町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.19pickup01

府内外の71チームが熱戦

本社後援

60回記念の水無月まつり剣道大会

府北部最大の少年剣道大会として恒例の「あやべ水無月まつり剣道大会」の第60回記念大会(綾部剣道連盟主催、市体育協会共催、あやべ市民新聞社など後援)が16日、府内外の71チーム約360人が出場し、上杉町の市総合運動公園体育館で盛大に開かれた。

開会式で選手宣誓する中筋剣志館の木内君(上杉町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.19pickup02

9カ月に及ぶ稽古スタート

おやこで手作りミュージカル

中丹の親子ら53人参加して

来年3月の上演目指して

来年3月の上演に向けて約9カ月間、全25回程度にも及ぶ稽古(けいこ)が始まった。「おやこで手作りミュージカル」(実行委員会と府中丹文化事業団主催)に出演を希望する中丹地域の親子ら53人が14日夜に里町の市中央公民館に集合。開講式を行うとともに初稽古に励んだ。

開講式で久木委員長(手前)の話を聴く参加者たち=里町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.07.17pickup01

綾部署 特殊詐欺対策で訓練

手口は年々多様化

綾部署管内で昨年、1400万円の被害

タクシー、レンタカー会社との連携強化へ

 

取材の現場から

相談女性宅での聞き取りの訓練を行う綾部署員ら(宮代町で)

 

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


次のページ »