2016.07.29pickup01

トチの実焼酎 製品化へ

水源の里・古屋

西山酒造場と提携

試作9種類の試飲会も

販売は9月中旬

トチの実を材料に使った餅やおかき、あられの特産品を生み出してきた睦寄町の水源の里・古屋(渡邉和重代表)に新たな商品が誕生しそう。それは、トチの実の焼酎。製造が可能な兵庫県市島町の西山酒造場(西山周三社長)で製品化が進められている。25日には、製造工程を少しずつ変えて試作された9種類のトチの実焼酎の試飲会が古屋公民館で催された。

古屋公民館でトチの実焼酎の試飲会が催された(睦寄町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.29pickup02

二人乗り自転車を2台常備

「ステーション」も開設

タンデムを楽しむ会

本社福祉基金など活用し購入

川糸町の市福祉ホールの敷地内の一角に27日、「綾部タンデムステーション」が設けられた。

開所式でタンデムを初乗りする会員ら(川糸町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.27pickup01

東綾中を健康テーマパークに !

山家公民館 ニュースポーツフェスを初開催

「バブルサッカー」の体験も

学校を「健康テーマパーク」に―。東山町の東綾中学校で24日、「ニュースポーツフェスティバル」と題したイベントが初開催され、子どもから大人までの住民らが「バブルサッカー」や体力測定、スピードガンコンテストといった各種コーナーを回りながら、夏の日を楽しく過ごした。 

「バブルサッカー」を体験する子どもら(東山町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.27pickup02

農作業の助っ人はヤギ

下替地町 四方久野さんの田んぼ

法面で雑草ムシャムシャ

下替地町の四方久野さん宅の田んぼで今夏、農作業の助っ人として1匹のヤギが活躍。法面の雑草をムシャムシャと食べて、農業者にとって骨が折れる草刈り作業を一手に引き受けている。

メイをかわいがっている長谷君(左)と野間君=下替地町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.25pickup01

天と地で花火共演

盛大に「あやべ水無月まつり」

西町ではダンスイベント

「DJポリス」も初出動

28日には水無月大祭

 

あやべ水無月まつり

綾部の夜空をこがした「ふるさと花火」のスターマイン

※詳細は紙面で。

 

カテゴリー 記事


2016.07.25pickup02

森の京都博キッズサマーイベント

全国大会に向けダンス予選

3部門12チームが綾部で演技

「ウルトラマンオーブ」ショーも

森の京都博キッズサマーイベント

力いっぱいの演技を披露するダンスチーム(里町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.22pickup01

注目度高めます!何北茶

何北中 60年余続く学校茶園いかす

給食使用やキャラ制作

何北中学校(物部町、髙橋正代校長、49人)が60年余りも営々と受け継いでいる学校茶園で生産される「何北茶」。物部、志賀郷地区の住民にとってなじみ深いものだが、同校では今、この「何北茶」を食材として使った給食献立を考えたり、「何北茶」にちなんだ何北ブロックのマスコットキャラクターを作ったりして、より「何北茶」のアピールに力を入れ始めている。

「何北茶給食の日」のメニュー。お茶ふりかけのかかったご飯と白身魚の新茶揚げ、茶殻のポン酢和えなどがある

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.22pickup02

青少年友好卓球交流団が常熟市へ

言葉の壁越え 交流深めて

山崎市長に出発報告

小学生2人中学生9人

綾部市と友好都市関係にある中国・常熟市へ卓球を通じた交流を目的に、「青少年友好卓球交流団」(団長=玉井嘉久・市卓球協会会長)は8月5日から4泊5日の日程で訪中する。それを前にした19日、団員らは市役所を訪れ、山崎善也市長に出発の報告をした。

山崎市長(左端)を表敬訪問した玉井団長(左から2人目)ら=市役所市長応接室で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.20pickup01

あやべ盆おどり大会

ポスターとチラシ完成

原画作成は綾高の坪内君と小林君

昨年に続き8月15日、青野町のあやべグンゼスクエアを会場に開催される「あやべ盆おどり大会」(同大会実行委員会主催)のポスターとチラシがこのほど、完成した。

原画を持つ坪内君(右)と出来上がったポスターを持つ小林君=岡町の綾高本校美術室で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.07.20pickup02

母校の新校舎へ絵画寄贈

光風会評議員の画家、野崎義典さん

来春開校の東綾小中一貫校

来春、施設一体型の小中一貫校に生まれ変わる母校の東綾小学校・東綾中学校の新しい校舎に飾ってほしい―と、光風会評議員で西原町に住む画家、野崎義典さん(73)から両校に絵画寄贈の申し出があり、19日に鷹栖町の東綾小体育館で式典が開かれた。  

野崎さん(左端)は児童・生徒の代表らと絵を除幕した=鷹栖町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


次のページ »