2016.05.27pickup01

水道管破損で断水

新庄町の30戸

物部、志賀郷、豊里で濁水も

破損原因は管の老朽化

25日午前6時半ごろ、新庄町の市道に埋設されている水道管が破損。この影響で同町の約30戸が断水したほか、物部と志賀郷、豊里3地区にわたる広域で濁水が発生した。

水道管が破損した現場での修繕工事(25日、新庄町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.27pickup02

ホタル見に来て!

井倉町の「ほたる公園」で観賞会

29日~6月5日

井倉町自治会(安村昇会長、245世帯)が町内の住宅地の一角に造った「ほたる公園」で29日から6月5日まで、今年で5回目となるホタル観賞会(実行委員会主催)が催される。同公園付近では数日前からホタルが飛び交っているそうだ。

ホタル観賞会が催されるほたる公園(井倉町)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.25pickup01

ふるさと花火

受け付け開始

綾部の夏を彩る「あやべ水無月まつり」は7月23日に開かれ、メーンイベントの花火大会では今年も企業・団体のスポンサー花火とともに、市民らからの協賛金による「ふるさと花火」が打ち上げられる。同まつり実行委員会(実行委員長=塩田展康・綾部商工会議所会頭)の「ふるさと花火部会」(仲江文男部会長)は今週から、協賛金(一口1千円)の受け付けを始めている。

昨年の花火

今年も「ふるさと花火」にご協力を! 綾部の夏を彩る「あやべ水無月まつり」は7月23日に開かれ、メーンイベントの花火大会では今年も企業・団体のスポンサー花火とともに、市民らからの協賛金による「ふるさと花火」が打ち上げられる。同まつり実行委員会(実行委員長=塩田展康・綾部商工会議所会頭)の「ふるさと花火部会」(仲江文男部会長)は今週から、協賛金(一口1千円)の受け付けを始めている。受付窓口は昨年より1カ所増えて8カ所となった。

今年の「ふるさと花火」の協賛金の受付窓口は次の通り。

▽市観光協会(駅前通のあやべ観光案内所内、電話42・9550)
▽市役所観光交流課(市役所西庁舎2階、電話42・4272)
▽京 綾部ホテル(味方町、電話40・5100)
▽上林いきいきセンター(八津合町、電話54・0095)
▽里山ねっと・あやべ(鍛治屋町、電話47・0040)
▽綾部商工会議所(西町1丁目のI・Tビル内、電話42・0701)
▽あやべ特産館(青野町、電話43・0811)
▽あやべ市民新聞社(大島町、電話42・1125)。

協賛者名は6月末以降のあやべ市民新聞の紙面で順次、掲載する。

※詳細は紙面で。

 

 

 

 

 

カテゴリー 記事


2016.05.25pickup02

水源の里・草壁

どろんこ田植え体験

神戸などの親子ら参加

昼食は地元食材の料理

奥上林の「水源の里・草壁」(渡辺要治代表)は今年で2回目となる「どろんこ田植え体験」を22日、睦寄町の草壁公民館近くの田んぼで催した。大阪や神戸などの親子らも参加し、農作業を通じて地元住民たちと交流した。

糯米の苗を植える参加者たち(睦寄町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.23pickup01

グンゼ 創業の地・綾部で展開中

120周年記念事業

「道光庵」「創業蔵」が完成

歴史資料館を新たに整備

記念誌発行やコンサートも

グンゼ

完成した「道光庵」と庭園(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.23pickup02

梅雨入りに備えて

市消防団が水防訓練

浸水想定した操艇訓練も

水防訓練

救助用ボートを組み立てる団員たち(川糸町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.20pickup01

取材の現場から

プロ役者が事故再現

八田中で交通安全教室

梅迫町の八田中学校(嵯峨隆幸校長、72人)でこのほど、プロのスタントマンによる危険と隣り合わせの迫力ある演技が披露された。

交通事故の状況をリアルに演じる役者たち(梅迫町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.20pickup02

茶の生産 最盛

工場フル稼働

綾部の特産品の一つ、お茶の生産が最盛期を迎えている。

綾部緑茶生産組合の製茶工場には19日、山﨑清吾副市長(左)が訪れ、組合員らを激励した=位田町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.18pickup01

〝熊本の魅力〟食べ被災地支援を

市内5団体が産品販売

21日、バラまつり会場で

市内の青壮年5団体が力を合わせる熊本復興支援のための物品販売が21日の「春のバラまつり」会場で行われる。熊本県産の農産物などを使った食べ物を来場者に買ってもらい、原材料費も含めた売り上げの全額を熊本地震の被災地に寄付するもので、「〝熊本の魅力〟を食べて被災地支援にご協力を」と呼びかけている。 

当日販売される「肥後のうまか赤鶏から揚げ」と「からし蓮根」のセット(イメージ)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.05.18pickup02

睦寄町の鳥垣自治会

「坂尾呂の里」で新緑を楽しむ

市民寄贈の鯉のぼりも

丘陵公園「坂尾呂の里」で15日、地元の鳥垣自治会(熊内久志会長)の恒例行事「新緑を楽しむ会」が開かれた。今年は、中・奥上林地区の子どもらを対象に体験教室などを行っている「ふれあいセミナー」からの23人を含め約70人が参加し、交流した。

ビンゴゲームは中学生の進行で行われた(睦寄町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


次のページ »