2019.12.06pickup01

民生児童委員143人を委嘱

府、市が感謝状と辞令を伝達

新任が103人、再任40人

2つの区域で欠員のまま改選

なり手不足深刻化

山崎市長から厚生労働大臣の感謝状の伝達を受ける野瀨井さん(左)=里町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.12.06pickup02

市生活改善グループ連絡協

綾東こども園児ら招き

地元産小麦でうどん作り

市生活改善グループ連絡協議会(大島和代会長、25人)は3日、地元産小麦粉を使ったうどん作りの体験会を綾東こども園(十倉名畑町)の年長児ら14人と一緒に川糸町の府綾部総合庁舎で開き、園児らに地元の食材を使った料理の大切さを伝えた。
会員らに手順を教わりながら、うどんの生地を麺棒で伸ばす園児ら(川糸町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.12.04pickup01

綾部高校本校2年生

修学旅行で台湾へ出発

学年単位での海外は中丹の公立で初

台北市と近郊に3泊4日

現地の高校生、大学生と交流も

グローバルな視点で自ら行動する力を

岡町の綾部高校(岸田敏明校長)・四尾山キャンパス(本校)の2年生211人が4日朝、修学旅行で台湾に向けて出発した。グローバル教育の一環として台北市とその近郊を巡るもので、7日までの3泊4日の中で地元の高校生や大学生と交流する機会も組み入れ、生徒たちの国際感覚を磨く。中丹3市の公立高校のうち、海外への修学旅行を学年単位で行うのは綾部高校本校が初めて。  
職員に見送られる中、学校を出発するバス(4日午前7時40分ごろ、岡町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.12.04pickup02

綾部八幡宮

22人の総代が総出で迎春用のしめ縄作り

師走となり、今年もあと残り1カ月を切ったが、1日には宮代町の綾部八幡宮(奈島正倫宮司)で、迎春用のしめ縄作りが行われた。
協力してしめ縄作りに取り組む総代たち(宮代町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.12.02pickup01

第7回「科学の甲子園ジュニア」
初の全国大会出場決める
綾部小出身・福知山高附属中2年
大島廉太郎君と久保晴也君
「目標は優勝、全国のチームと交流楽しみたい」

全国大会の出場を決めた大島君(右から)と久保君、宮下君=福知山市で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.12.02pickup02

市の「未来まちづくり市民ワークショップ」
土地利用、観光、子育て、移住などもテーマに
10年後の綾部を語る
市民や市・府職員ら60人
6市総や2創総の策定前に
「綾部学推進」「シェアハウス」「視覚公害対策」など意見続出

グループに分かれて積極的な意見交換があった(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.11.29pickup01

綾部バラ会に「手づくり郷土賞」

国交省選定、府内唯一

12月に東京都内でプレゼンテーション

綾部市内での受賞は初

12月7日に切り花販売

市民が守り育てるバラ園として、今や綾部の一大観光地となった「綾部バラ園」(青野町、あやべグンゼスクエア内)を運営する綾部バラ会(塩田展康会長、181人)にこのほど、国土交通省の「手づくり郷土(ふるさと)賞」が贈られることになった。今年度は府内で同会のみで、綾部市内での受賞は初。12月14日に東京都内で全国の選定団体による活動プレゼンテーションが行われ、グランプリが決定することから、出席する同会関係者らは意気込んでいる。
綾部バラ会の市民ボランティアらは定期活動日を毎週土曜の午前中と決めて作業に励んでいる(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.11.29pickup02

迎春用の寄せ植え製作

綾高園芸科の生徒が18鉢

川糸町の綾部高校由良川キャンパス(東分校)で25日から28日までの4日間、迎春用の寄せ植え実習が行われた。師走前の恒例となっている実習で、園芸科草花専攻の2、3年生13人が18鉢を丹精込めて製作した。
仕上げの作業をする生徒たち(川糸町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.11.27pickup01

おいでよ! 綾部幼稚園へ

あの手この手で「魅力」アピール

今年度の園児数6人

小学校との連携強め、公開保育参観行う

今年度の園児(5歳児)数が過去最少の6人となっている綾部幼稚園(上野町、松浦宏美園長)。第1次ベビーブーム時代の1954(昭和29)年度には380人の卒園生があり、第2次ベビーブーム時代の78(同53)年度にも286人が巣立った「超マンモス幼稚園」の面影は、今はない。しかし、これを逆手にとって少人数の良さを生かした就学前教育を前面に出し、主体的に学ぶことのできる「幼稚園の魅力」を保護者や地域の人らに広くアピールしている。25日からは来年度の園児募集も始まった。募集期間は12月13日まで。 
「運動遊び」を通して楽しく体作りをする子どもや保護者ら(上野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2019.11.27pickup02

70年を経て遺品アルバムが帰郷

戦死の四方秀雄さん

弟・保さんら親族のもとへ

 太平洋戦争で戦死した綾部出身の日本兵が戦地に遺した写真アルバムが、長い年月を経て遺族に返還された。多田町の市農業振興センターで24日に執り行われた「市戦没者遺品返還式」で、フィリピンで戦死した四方秀雄さんの遺品が、弟の保さん(89)=多田町=ら遺族のもとに返され、70年以上の時を経て兄の記憶を呼び覚ました。 
保さん(右)はチョプラさんからアルバムを受け取り固い握手を交わした=多田町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


次のページ »