2016.08.24pickup01

農業生活 電子書籍に

畑違いの農業日記

4年前、綾部に移住

立松季久江さん(42)

農薬、化学肥料不使用を実践

 生まれてからずっと都会暮らしで、農業どころかアウトドアにすら興味のなかった一人の女性が、綾部で成り行きのまま就農し、今までの暮らしとは明らかに〝畑違い〟な分野に挑戦している様子を自ら綴(つづ)った本「畑違いの農業日記」が今月、上梓された。〝畑違い〟であることを自覚して常に客観的な立場から農業に挑戦してきた筆者の成長日記で、紙媒体を使わず電子書籍としてのみ発刊していることも特徴の一つだ。

育てている黒豆畑に立つ立松さん(上原町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.24pickup02

夏休み工作教室盛況

市天文館パオ

万華鏡や乾電池作り

予約の必要な教室は残り3回

町の市天文館・パオは夏休み期間中、自由研究などで工作教室を利用する子どもたちで盛況だ

21日の工作教室では「パトロールボート」を製作。子どもたちは完成したボートの試運転も楽しんだ(里町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.22pickup01

10~15%の値上げ必要

市下水道審議会

平成29年度以降の使用料を答申

下水3事業すべて水量制に

市下水道審議会

上野会長から答申書を受け取る山﨑副市長(左)=市役所応接室で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.22pickup02

子の成長願い地蔵盆

篠田町深山で3年前復活

珍しい火振り行事

火振り行事

有志で続けられている火振り行事(篠田町深山で)

 

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.19pickup01

農業のトップ集団誕生

中核的担い手が団結

「未来を築く会」設立

市やJAから大きな期待も

集落営農組織で構成する市集落営農推進協議会(廣瀬泰千代表)と、認定農業者による綾部グリーンアグリ(河北卓也代表)はそれぞれ組織を発展的に解散し、新たに「綾部市農業 未来を築く会」を立ち上げた。

あいさつをする廣瀬会長(物部町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.19pickup02

願い込め火文字奉灯

向田観音祭の協賛行事

今年で22回目

17日夜、向田町の田んぼの法面(のりめん)に「元気な里に… 奉灯 向田かんのん」の火文字が浮かび上がった。

灯油を入れた缶に点火する実行委員たち(向田町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.17pickup01

雨中のたいまつ送り

綾部町区仏教会

お盆で迎えていた先祖の霊をあの世へ送る「送り盆」である16日夜、綾部町区仏教会(幹事=宝住寺、10カ寺)による「あやべ由良川たいまつ送り」(精霊送り)が降りしきる雨の中、並松町や味方町の由良川河川敷などで厳かに営まれた。

修験者が担ぐ大たいまつを先頭に綾部大橋を渡る「たいまつ送り」の一行(味方町側から写す)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2016.08.17pickup02

ご当地アイドルのグループ名

「cocon 」に決まる

フランス語で「繭」

デビューは10月

綾部青年会議所(高橋悦康理事長、41人)が募集して結成したご当地アイドルのグループ名が「cocon(ココン)」に決まった。15日夜に青野町のあやべグンゼスクエアで開かれた「あやべ盆おどり大会」の冒頭で、メンバー5人によって発表された。

あやべ盆おどり大会の冒頭、ステージに立ってグループ名を発表する「cocon」のメンバーたち(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


休刊のお知らせ

8月15日(月)は臨時休刊いたします。

ご了承ください。  あやべ市民新聞社

カテゴリー お知らせ


2016.08.12pickup01

初のプロレス興行も

21日に西町で日曜夜の市

「魚つかみ大会」や鮎焼きコーナー開設

本社後援

日曜夜の市

大勢の子どもたちでにぎわった昨年の「日曜夜の市」の魚つかみ(西町1丁目で)

今年で3年目を迎える「日曜夜の市」(あやべ市民新聞社など後援)が21日夜、西町1丁目の西町アイタウン1番街を歩行者天国にして開かれる。今年は綾部市出身の覆面レスラーが在籍する「ジャパンプロレス2000」が、プロレス興行で初参戦。恒例の「魚つかみ大会」(参加料500円)では、捕まえた鮎(あゆ)をその場で焼いて食べられるコーナー(焼き代1匹100円)も用意される。

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


次のページ »