2017.04.14pickup01

「卓球療法」始めました

綾部紫遊クラブ

今年度から健康教室

「卓球療法士」の認定受ける

広小路2丁目に練習場を構える卓球クラブ「綾部紫遊クラブ」(岩田巧代表)が、介護予防やリハビリなどの運動療法に卓球を取り入れた「卓球療法」を綾部で広めようと活動を始めた。関東を中心に近年普及し始めているが、近畿圏ではまだまだ珍しい取り組み。今月からは卓球療法が実践できる「健康卓球教室」(毎週木曜、午後3時~)を始め、広く生徒を募集している。

「卓球療法士初級」の認定証を手にする岩田代表(右)と植本副代表。クラブの練習場には卓球マシンも備えられている=広小路2丁目で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.14pickup02

10年目の「イカル発見ツアー」

豊かな綾部八幡宮の森で

平成20年から綾部市の鳥「イカル」を探す共同キャンペーンを始めた市天文館パオとエフエムあやべ(FMいかる)。今年で10年目となるこの取り組みの一環として、13日には市民に参加を呼びかけた「イカル発見ツアー」と名づけた催しを宮代町の綾部八幡宮周辺で開いた。

イカルを探す参加者ら(宮代町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.12pickup01

卓球で日中友好

常熟市の交流団が初来綾

交流を重ねて両市両国の繁栄に一歩

綾部市と友好都市締結をする中国・常熟市からの卓球交流団が10日午後に来綾。12日朝に離綾するまで2日間にわたって市民らと交流した。綾部市と常熟市との卓球交流は20年近く続いており、綾部市側からは青少年らの訪中団がこれまでに7回、常熟市を訪れているが、常熟市から綾部市への訪問はこれが初めて。

11日には市民らと卓球交流を楽しんだ(上杉町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.12pickup02

「春の全国交通安全運動」で様々な取り組み

「レジェンド・オブ・ホクト」が街頭啓発

シルバードライバーの運転教室も

 「春の全国交通安全運動」(6日~15日)期間中、市内では行政機関や市民団体らが様々な形で交通安全への啓発活動に取り組んでいる。11日には綾部署講堂で「春の交通安全功労者等表彰式」も行われた。

下校する児童たちに交通安全を促すレジェンド・オブ・ホクト(味方町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.10pickup01

市内で2番目の施設一体型

東綾小・中一貫校が開校

小学生7人、中学生19人入学

東綾小・中一貫校が開校

入場する児童、生徒ら(10日午前9時半ごろ、鷹栖町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.10pickup02

古墳と夜桜が共演

市民が自費でライトアップ

ライトアップ

私市円山古墳と桜がそれぞれライトアップされている(私市町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.07pickup01

自転車で世界一周からただいま!

35カ国4万㌔走破

四方裕之さん(29)=岡町

「心から旅してよかった」

現地の情報を発信したい

2年半をかけて自転車で世界一周を果たした男性が4日、古里の綾部に帰ってきた。走行距離は地球1周分に当たる4万㌔。訪れた国は約35カ国にも及ぶ。旅を終えて「ついこの間、出発した感じなのに。早かった」としつつ、「心の底から、旅をしてよかったと思う」と振り返っている。 

愛車と四方さん。愛車には多い時には60㌔余りもの荷物を積んだという

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.07pickup02

老富町の市茅野でミツマタ開花

黄色に染まる山々

土・日曜には休憩所開設

4月末からシャガ開花

老富町内の杉林の山の斜面一帯が黄色の花で埋め尽くされようとしている。この花は、樹皮が和紙の原料にもなるミツマタ。ミツマタの群生地があるのは、福井県境の市茅野(いちかや)集落。昭和20年代にミツマタの栽培が奨励され、植えられたものが群生化した。木の本数は数え切れない。

市茅野集落にあるミツマタの群生地(老富町で、1日撮影)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.05pickup01

綾部に2つの新しいグループホーム誕生

早く地域に溶け込みたい  青野町 にっこりホーム

可愛がってもらえる施設に  寺町 陽だまりの里 さんさん上石

綾部に新しいグループホームが誕生した。社会福祉法人綾部福祉会の運営する3つ目のグループホームが青野町に完成し、1日開所式が執り行われた。様々な障害を持った人たちと健常者が一緒に活動するNPO法人「わいわいネットなかま」(前田道子理事長)の悲願だったグループホームが1日、寺町に完成。名称は「陽だまりの里 さんさん上石」に。同法人では9日に市民らを対象に内覧会を催してお披露目したあと、17日に障害者らが入所して運営を始める。

完成した「にっこりホーム」(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


2017.04.05pickup02

伝統の「お田植式」奉納

宮代町の綾部八幡宮

旧綾部町区の氏神各社の代表らが綾部八幡宮(宮代町、奈島正倫宮司)に集って奉納する「お田植式」が2日に行われた。氏子や一般市民ら200人余りは開花したばかりのシダレザクラの下で、24年前に江戸時代の姿に甦った「民俗文化の結晶」に見入った。

江戸時代の姿に甦った「お田植式」を奉納する各神社の代表たち(宮代町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事


« 前のページ次のページ »