2019.05.31pickup02

市民児協の今年度総会で研修会

児童虐待相談が年々増加

当事者は「母親」「小学生」が最も高い割合に

市民生児童委員協議会(高橋秀文会長、144人)の今年度総会と研修会が29日、里町の市中央公民館で開かれた。児童虐待をテーマにした研修会では、綾部では「心理的虐待」を受けている子どもが最も多いほか、電話での相談件数も年々増加している現状が報告された。
綾部の児童虐待の現状などを話す四方さん(里町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。