2014.02.21pickup01

3年生有志が卒業ライブ

綾高本校 新設の「ふれあい広場」で

創立120周年記念事業として整備された「ふれあい広場」で3年生有志がパフォーマンスを披露した

「ふれあい広場」のステージでダンスを披露する3年生たち(岡町で)

岡町の綾部高校の本校中庭に創立120周年記念事業として整備された「ふれあい広場」で19日、卒業を間近に控えた3年生の有志たちがダンスなどのパフォーマンスを披露した。

生徒たちの憩いの場にと、120周年記念事業実行委員会(委員長=四方八洲男・綾高同窓会長)が整備した「ふれあい広場」の広さは約360平方㍍。全面インターロック舗装され、一段高いステージも設けられている。

「卒業する前に、整備してもらった広場で何かやりたい」と、3年生の加藤映美さんが今年1月にイベントを企画。昨秋の文化祭でダンスなどを発表した同級生たちに出演依頼するとともに、学校側の了承も得て、卒業ライブを実現させた。

「1、2年生たちにこのステージを使って綾高を盛り上げてほしい」という思いも込められたイベント。この日が登校日だった3年生を含め、多くの生徒らがステージ前に参集。また、3階建て校舎の各教室の窓からも生徒たちの視線がステージに集まった。

出演したのは4グループの男女13人。ピンクレディーや、ももいろクローバーZなどの曲に合わせたダンスのほか、サッカーボールを使った妙技を披露するグループもあった。寒空の下、昼休みの時間帯の約30分間行われたライブは終始、盛り上がりを見せていた。

 

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。