2010.5.21pickup02

保育士さんらが不審者対応訓練も

綾部署で幼児交通事故防止対策連絡会研修会

不審者対応訓練

不審者への対応を学ぶ保育士ら(宮代町で)

 綾部署(村山守署長)は18日夕、宮代町の同署講堂で綾部幼児交通事故防止対策連絡会の研修会を開いた。同連絡会には市内の保育園と幼稚園、幼児園の計12園が所属し、年に2回、担当者が園児らの交通安全指導について研修している。

 この日の研修会では同署交通課の署員らが、幼児がかかわる交通事故の発生状況などを説明。子どもの送迎の際に保護者らにチャイルドシート着用を呼びかけることなどを要望した。

 研修会終了後は、同署道場で不審者対応訓練も行われた。この訓練は園からの要望に応えたもの。保育士や幼稚園教諭らは同署の剣道教師の工藤良仁警部補から、モップやパイプいすなど身近にある物で身を守る方法や、さすまたの正しい使い方を学んだ。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。