2010.5.10pickup01

丹の国まつりに2万5千人

市美展微増、天文館は20%増

市が大型連休中の入場者数まとめる

GWの人出

由良川花庭園を出発する「あやべ丹の国まつり」のパレードの一行(4月29日、青野町で)

 市は7日、大型連休期間中に市内で行われた様々なイベントなどの入場者数をまとめた。人数はいずれも主催者発表。

 4月29日から5月3日までの5日間、青野町の由良川花庭園で開催された「あやべ由良川花壇展」(市みどり公社主催)は1万1千人で、前年比2千人減だった。

 「あやべ丹の国まつり」(同まつり実行委員会主催)は例年、4月29日の1日だけだが、今年は5月3日まで開催期間を延長。5日間で2万5千人の人出があった。

 並松町の市民センター競技場で5月1日から5日間、行われた第27回「市美術展」の入場者数は1254人。昨年(5月2日~6日)と比べて12人の微増となった。

 里町の市天文館は今年、4月29日と5月1日~5日の計6日間に各種イベントを開催。昨年の入場者数は4月29日と5月1日~6日の7日間で1351人だったのに対し、今年は1644人の入場者があり、前年比で約20%増えた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。