2012.09.10pickup01

集団演技に大きな拍手

綾部中体育祭

綾部中体育祭

保護者らの前で集団演技を発表する生徒たち(宮代町で)

秋晴れの好天に恵まれた9日、宮代町の綾部中学校(森川藏校長)で「心を一つに笑顔満開」をテーマに体育祭が行われた。

熱中症対策として同校は、生徒の応援席すべてにテントを設営したほか、レンタルしたミストシャワー機をグラウンドに備えた。

午前中は徒競走や大縄跳び、学級対抗リレーなどの種目があり、午後からのプログラムの最初に全校生徒が「緑」「赤」「青」の3組に分かれて集団演技を披露した。

3年生を中心にした各組のリーダーたちは8月下旬から集団演技の準備を始め、2学期に入ってから全体で練習を重ねてきた。生徒たちの発表に対し、グラウンド東側の観覧席を埋め尽くした保護者らから大きな拍手が送られていた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。