2012.07.23pickup02

歩行者に気遣う心で事故はなし

「夏の交通事故防止府民運動」始まる

夏の交通事故防止府民運動

チラシなどを配りながら、啓発活動をする関係者ら(宮代町で)

「歩行者に 気遣う心で 事故はなし」をスローガンにした「夏の交通事故防止府民運動」が、21日からスタートした。綾部市内では前日の20日、市安全・安心のまちづくり推進協議会と綾部交通安全協会、綾部地域交通安全活動推進委員協議会、綾部署の4団体が宮代町のマツモトあやべ店前で啓発活動した。

8月20日までの1カ月間、府内全域で取り組まれる同運動では、子どもと高齢者の交通事故防止▽自転車の安全な利用の促進▽悪質・危険運転の追放▽シートベルト・チャイルドシートの正しい着用・使用の徹底―に重点が置かれている。

同運動期間中、市内9カ所の放課後学級で子ども交通安全教室も予定されている。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。