2012.02.22pickup

市新年度当初予算案(1)

過去3番目の〝積極型〟

大震災踏まえ防災に重点

市はこのほど、平成24年度当初予算案を発表した。一般会計は173億521万円で、前年度当初比11・7%増の〝積極予算〟。平成9年度と11年度に次ぐ過去3番目の予算規模になっている。財政状況が厳しい中、「やるべきことを計画的に推進し、重要課題を次世代にまで先送りしない」という山崎善也市長の方針もあり、東日本大震災を踏まえた防災対策の充実、強化に予算を重点的に配分する一方、所期の目的と使命を終えた市土地開発公社の解散に向けた事業費として13億8875万円を計上。また、一般会計と10特別会計、2公営企業会計を合わせた当初予算案の総額は370億1229万円で、前年度当初と比べて4・5%伸びている。

一般会計の歳入をみると、全体の4分の1を占める市税収入は前年度比2・1%増の42億8277万円。個人市民税と法人市民税は前年度比でそれぞれ8・5%、8・0%増を見込んでいる。

一般会計の歳出を性質別でみると、前年度比で25・2%増と大きく伸びているのは普通建設事業費。24年度から2カ年事業で行う新最終処分場整備に6億1370万円、道路整備に前年度の約2・2倍となる1億2906万円などの事業費が計上されている。人件費は前年度比0・4%減の32億1191万円。

目的別の主な予算額(丸かっこ内は前年度比の伸び率)は、総務費=36億129万円(57・7%)▽衛生費=23億7488万円(28・7%)▽商工費=1697万円(17・6%)▽消防費=6億3134万円(16・5%)▽土木費=11億6549万円(11・7%)―など。 ※記事を抜粋。全文は本紙で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。