2020.02.07pickup02

台風被害の御堂筋へ供給
グンゼ研究所にイチョウ

市道青野井倉線に面した井倉新町のグンゼ研究所敷地内にこのほど、イチョウの木10本が植えられた。一昨年9月の台風21号で倒木などの甚大な被害を受けた大阪・御堂筋のイチョウ並木の保存のため、大阪市北区に本社を置くグンゼ(廣地厚社長)が地域貢献の一環で用意したもの。今後、大阪市の依頼に応じて供給される。

 市道青野井倉線に面した井倉新町のグンゼ研究所敷地内にこのほど、イチョウの木10本が植えられた。一昨年9月の台風21号で倒木などの甚大な被害を受けた大阪・御堂筋のイチョウ並木の保存のため、大阪市北区に本社を置くグンゼ(廣地厚社長)が地域貢献の一環で用意したもの。今後、大阪市の依頼に応じて供給される。
グンゼ研究所敷地内に植えられたイチョウの木(井倉新町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。