2022.06.22pickup01

市会記者席
6月市会一般質問から(1)
市立病院 5月から分娩休止
助産師不足で人材確保を
「早期再開に努力」 山﨑副市長

野町の市立病院(高升正彦院長)の産婦人科が5月から、常勤の助産師の不足によって分娩(ぶんべん)を休止している。この状況と今後の見通しについて種清喜之議員(民政会)が質問。山﨑清吾副市長は「現段階での再開は困難」としつつ、常勤助産師の確保に努めていく考えを示した。
5月から分娩受け入れを休止した市立病院(青野町で)

※詳細は紙面で。

タイトルとURLをコピーしました