2022.06.03pickup01

土に触れ、農を学ぼう
かんばやし百姓塾がスタート
塾生を広く募集中
6~11月の最終土曜に
農作業と座学、交流会

「農業の現状を知るほどに、居ても立ってもいられなくなった」と、船井郡京丹波町から五津合町に移住した野田尚さん(65)が始めるのが「かんばやし百姓塾」。市内外から参加者を募り、月に一度、田畑で土に触れて、農や食の在り方について学び、収穫した作物を食べながら語り合う半年間の講座だ。現在、参加者を広く募集している。
岩崎敏子さん(左)と野田さん(五津合町で)

※詳細は紙面で。

タイトルとURLをコピーしました