2020.06.03pickup02

防災備蓄チャレンジスタート
山崎市長も市のフェイスブックに投稿

新型コロナウイルスと自然災害の〝複合リスク〟に備えるために「防災備蓄品を買い足そう」と呼び掛けるキャンペーン=1日付本紙既報=を1日から開始した綾部青年会議所(大槻浩一理事長)が同日、市役所に山崎善也市長を表敬訪問し、SNSを通じて取り組みの輪を広げる「#防災備蓄チャレンジ」への協力を依頼した。
防災備蓄チャレンジ用の写真撮影に臨む(左から)大槻理事長、山崎市長、片岡委員長=市役所で

※詳細は紙面で。

タイトルとURLをコピーしました