2019.02.08pickup01

綾部大江宮津線

道路の整備促進と沿線の振興発展を

整備促進協議会を設立

市西部4地区の住民が団結

大島町の鳥ケ坪交差点から西坂町の福知山市境まで綾部の南北を貫き、生活や交流に欠かせない幹線道路である主要地方道綾部大江宮津線の市内での整備促進と沿線地区の振興発展を図るため、中筋、豊里、物部、志賀郷の4地区住民がスクラムを組んだ。同線の整備促進協議会が沿線住民らによってこのほど設立され、新年度から活動を本格化させる。

設立総会で設立趣旨などを話す由良会長(物部町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。