2018.07.25pickup01

西日本豪雨農業被害大

前向くしかない

農夢ではミズナ全滅 被害額1400万円

府議会の農商工労働常任委員会が視察

綾部にも大きな爪痕を残した西日本豪雨だが、そのうちの一つに農業被害がある。市災害対策本部が24日午前11時現在でまとめた農業関係の被害は、法面崩壊などの農地が307件、農道やため池、農業用水路といった農業用施設は381件、冠水などによる農作物被害も67件に上った。24日には府議会の農商工労働常任委員会に所属する12人の府議が、舘町で施設野菜を栽培する第3セクター会社「農夢」(四方勝一社長)を訪れ、被害の状況を確認した。

雑草だらけになってしまったミズナのハウスを説明する四方社長(左)=舘町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。