2017.11.22pickup01

厚労省 「現代の名工」に

大槻秀治さん(68)=本町3丁目

完全手彫りの技術守り続ける

印章彫刻で最高峰の認定

手彫りは唯一無二の印鑑

 技能者表彰の国内最高峰である厚生労働省の平成29年度「現代の名工」に、市内から印章彫刻工の大槻秀治(ひではる)さん(68)=本町3丁目=が選ばれた。「職人として最高の証(あかし)をもらったが、後継者育成などやることはたくさんある。『まだまだ勉強しなさい』と言われているようだ」と、第一線で活躍する名工に気を抜く暇はない。 

「総決算となるようなはんこを作りたい」といつまでも意欲的な大槻さん(本町3丁目で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。