2017.07.12pickup02

取材の現場から

「昭和」感じる名機 リニューアルへ

市天文館・パオで今年度から

来館者増やす工夫も

夏休みも各種の工作教室

平成7年の開館以来、来場者を楽しませてきた市天文館・パオ(里町)の展示設備が今年度から3年をかけて順次、リニューアルされる計画だ。平成に入ってからできた建物と設備にもかかわらず、何だか「昭和」を感じる展示の機械類の一部は、来年早々にも撤去が予定されている。

「黄道12星座と星占い」の外観(里町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。