2017.04.21pickup01

アトリエ開設で「幸せな時間」提供へ

ギャラリーきりん舎

毎月第2、4土曜に開放

様々な画材で紙に自由な表現を

「アール・ブリュット(生の芸術)」の作品を展示する西町2丁目のギャラリーきりん舎(や)が22日から、絵を描くことなどを通じて「幸せな時間」を提供するアトリエとして、施設1階の展示スペースを新たに活用する。毎月第2、4土曜に開催するこの取り組みの名称は「アトリエにしまち通り」。当初は府立中丹支援学校(福知山市私市)の生徒2人と、自立支援センター・いかるがの郷(味方町)の就労者1人を迎えてスタートする。  

アトリエの仕様になった1階展示スペースと塩見理事長。テーブルには画材も用意されている(西町2丁目で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。