2016.11.23pickup01

ぼたん鍋 冬の綾部の名物に

綾部料理旅館協議会 市民にふるまいPR

女将さんが初の「そろい踏み」

亀甲家 現長 小西屋 ふしみや 萬家 5軒

国が新たな「観光圏」として府北部7市町を「海の京都観光圏」に認定したことを受け、市内でも行政と民間が一体となった観光商品の開発を始めている。同観光圏の趣旨に賛同した同協議会では、老舗の伝統とブランドを最大限に生かして綾部の観光振興と経済活性化に貢献するため、「料理旅館のまち綾部」を旗印に活動を展開。まずはイノシシ料理を綾部の名物にするための取り組みを始めた。

綾部を代表する5軒の料理旅館の女将さんが初めてそろい踏みしてPRした(本宮町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。