2015.11.11pickup01

高浜原発

再稼働に不安の声も

UPZ住民ら対象に

市と府共催で説明会

画像と資料をHPで公開

原子力規制庁と資源エネルギー庁、

関電、内閣府が安全対策など説明

関西電力の高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働に向けた手続きが進められる中、同原発から半径30㌔圏内(UPZ)に市域の半分以上が含まれる綾部市で6日夜、関電や原子力規制庁など関係機関による住民説明会(市・府共催)が開かれた。参加者からは原発事故が起きた場合に対応することの優先順位や、原子炉などを「止める」「冷やす」「閉じ込める」という対策について「実際に検証したのか」といった再稼働への不安の声も上がった。 

出席者からの質問に答える原子力規制庁などの担当者たち(川糸町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。