2014.12.05pickup01

とち餅加工で「匠」認定

水源の里・古屋の細見恵美子さん

睦寄町古屋で長年、とち餅などの加工に励む細見恵美子さん(84)が先月末、その技能の高さが認められ、府から「農の匠」として認定された。市内で認定を受けたのは4人目。細見さんは「古屋のみんなの代表として頂いた」と話し、仲間と一緒に喜ぶ。

「農の匠」に認定された細見さん(中央)と岩崎さん(左)、渡邉さん(右)=睦寄町で

※詳細は紙面で。

 

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。