2010.6.14pickup01

ホテル綾部が温泉掘削

ホテル綾部

温泉掘削のため、ホテル綾部の駐車場に設けられた高さ22メートルのやぐら(味方町で)

 味方町のホテル綾部を経営する日丸(にちまる)興産(本社・滋賀県湖南市、小宮山雅弘社長)は、同ホテルの駐車場で温泉掘削を始める。既に掘削をするための高さ22メートルのやぐらの準備は整っており、15日から本格的な掘削工事に入る。

 計画によると、掘削は地下1千メートルまで行う。地質調査の結果、温泉が湧出(ゆうしゅつ)する可能性は極めて高いという。掘削工事が予定深度に達するのは来年の4月ごろで、掘削費用は1億円を見込んでいる。

 同ホテルには以前、大浴場があったが、漏水などが原因で閉鎖された。今年からホテルの経営を受け継いだ同社は、浴場を復活させて天然温泉のあるホテルとして集客を図りたい考え。入浴施設をどのようなものにするかは現在、検討中という。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。