2013.11.04pickup01

7日から市菊花展

味方町の国道沿い駐車場で

市菊花展

今年の菊花展の出品に向けて講座で技術を学ぶ市菊花会の会員ら(8月、並松町で)=同会提供

 市民が丹精を込めて育てた菊が一堂に会する「第20回市菊花展」が7~10日、味方町の大本味方第一駐車場で開催される。今年は市内外の菊愛好者らによる「市菊花会」(松井基会長、約35人)が新体制で発足。市シルバー人材センターと一緒に主催を担う。同会の活動の成果もあり、今年は出品数が例年より1割近く増えて約540点となる見通しだ。

 市菊花展をめぐっては、長年綾部菊花会で会長を務めた西村隆さん(享年87歳)が今年1月に死去。新体制の市菊花会は、西村さんの遺志を受け継ごうと今年4月に「再構築」という形で発足した。会長には志賀郷地区の盆栽菊の愛好者らによる「菊志会」で会長を務める松井基さん(76)=坊口町=が就任した。

 同会は毎月1回の講座を開いて技術向上や情報交換に力を入れ、今年の出展に向けて準備してきた。夏の日照りでの生育不良、9月の台風18号で幹が折れるなど苦労しながら世話をしてきたという。また市内の菊愛好者の家を一軒一軒回って出品を依頼した結果、例年を上回る出展数になる見通しとなった。(つづきは紙面で)

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。