2013.09.13pickup02

今年は市街地の店舗でも

上林中の2、3年生が職場体験

職場体験

高橋さん(中央)から頭髪の編み込みの技術を教わる波多野さん(左)と藤﨑さん=西新町で

 八津合町の上林中学校(榊原正純校長)の2、3年生14人が11と12日の2日間、「職場体験学習」に取り組んだ。同校では今回初めて、校区内の中・奥上林地区だけでなく市街地も含めた広範囲で職場体験学習を計画。生徒たちが多様な職種の仕事について学んだり、多くの社会人とかかわりを持てるように工夫した。

 同校の体験学習に対して市街地にある洋菓子店や病院など5カ所が協力。うち、西新町のみつまる美容室セーダ店(西山知子店長)を訪問した波多野安美さん(3年)と藤﨑ほのかさん(2年)の2人は初日、スタッフの高橋綾さんから美容師の仕事についていろいろと学んだ。

 波多野さんたちは、美容師が使う道具の名前を教わったり、道具とタオルを洗う作業を手伝った。高橋さんの指導を受けて人形の頭髪の編み込みにチャレンジした波多野さんたちは「難しいけど、楽しい」と感想を話していた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。