2013.07.31pickup01

厚労大臣が綾部LCを表彰

半世紀の献血推進活動をたたえ

第49回「献血運動推進全国大会」で綾部ライオンズクラブが厚生労働大臣表彰を受けた。

山崎市長(左から3人目)に厚労大臣表彰の報告をした原田会長(同4人目)ら=市長応接室で

 このほど京都市であった第49回「献血運動推進全国大会」で、半世紀にわたる長年、献血推進活動に尽力している綾部ライオンズクラブ(綾部LC、原田直紀会長)が厚生労働大臣表彰を受けた。

 今年、結成50周年を迎える同クラブでは、発足1年目から会員たちが献血についての勉強会を開き、献血に協力してきた。昭和57年以降は、綾部献血推進協議会の委員として、「水無月献血」に協賛するなど、積極的な活動を継続している。

 同クラブは平成元年には厚生労働大臣感謝状を受けたほか、これまでに日本赤十字社からも何度か表彰や感謝状を受けている。

 今回、厚生労働大臣表彰を受けた原田会長らは29日、市役所を訪れて山崎善也市長に報告。山崎市長は綾部を含む府赤十字血液センター福知山出張所の管内では、全国的に献血協力者の割合が高いことに関して、「綾部ライオンズクラブの働きかけが大きい」とたたえた。。

 原田会長は「今年の50周年を新たな一歩として、これからもより良い奉仕活動をしていきたい」と話していた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。