2013.04.26pickup02

食事会を始めて「11周年」

大島町の「いつでも元気会」

お祝い会開く

いつでも元気会

「楽団まさ&とし」の演奏を楽しむ参加者ら(大島町で)

 大島町中公会堂で毎月1回、高齢者らを対象にした食事会を行っているボランティアグループ「いつでも元気会」(搗頭久美子代表)は25日、活動を始めて「11周年」となるのを記念し、「お祝い会」を同公会堂で開いた。

 食事会は平成13年11月からスタート。毎回、スタッフが地元産の野菜を使って作った料理を一緒に食べるとともに、カレンダー作りなどのレクリエーションも楽しんでいる。

 平成21年度から市の地域福祉活動事業補助金を受けるようになってから、参加費を500円から300円に引き下げた。食事会は8月を除く毎月行われ、参加者の延べ人数は1800人を超えた。

 この日は、搗頭代表がこれまでの活動の様子をスクリーンに写真を映しながら、紹介。来賓の大島町中自治会の大志万忠幸会長と民生児童委員の細見悦子さん、綾部健康友の会の山口昭雄会長の3人が祝辞を述べた。

 また、長年スタッフとして会の運営に携わった大田宮枝さんと小林まちのさん、原徳恵さんの3人に感謝状と記念品が贈られた。

 式典のあとのミニコンサートでは、「楽団まさ&とし」がオカリナとトロンボーンで「涙そうそう」や「蘇州夜曲」などを演奏した。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。