2010.4.30pickup02

市仏教会は中筋地区で「花まつり」

市仏教会

長澤さん(右)の手品を楽しむ子どもたち=高津町で

 市仏教会主催の「花まつり」の行事が29日、高津町の本福寺(篠原絋生住職)で催され、稚児行列が練り歩くなどした。

 花まつりの行事は当番地区を持ち回りにして行っており、今年は中筋地区の4寺院が協力して務めた。

 地元の2歳から9歳までの子ども44人が稚児となって参加。稚児行列の一行が市高津コミュニティーセンターから本福寺まで約700メートルを練り歩くと、沿道の人たちは「可愛い」と目を細めていた。

 本福寺では13人の僧侶によって法要が営まれ、稚児を代表して新庄涼基君と塩見恭香さんの二人が釈迦(しゃか)像に献花した。

 このあと子どもたちは余興でアマチュアマジシャンの長澤幹雄さんの手品を楽しんだ。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。