2012.10.31pickup01

携帯の連絡網も確認

特養「綾部はなみずき」で消防訓練

消防訓練

職員は入所者とともに避難方法などを確認した(高津町で)

社会福祉法人・京都眞生福祉会(本部・亀岡市、武田敏夫理事長)と市消防本部は30日、高津町の特別養護老人ホーム「綾部はなみずき」で実火災を想定した消防訓練を行った。

11月9日からの「秋の全国火災予防運動」を前にした訓練で、職員が少ない夜間に2階のキッチンから出火したという想定で実施。職員は初期消火や消防署への通報・連絡をしたあと、入所者を屋外に避難誘導させた。

施設の職員たちは避難方法と併せ、緊急招集のための携帯電話の連絡網を職員間で確認した。訓練を通じて施設は「体で覚えることが一番大事。今後も年2回以上は訓練をしたい」と話していた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。