2020.07.03pickup01

里山ねっと ふれあい牧場
わらしべ事業始める
アベノマスクを必要とする人に
市内事業所にも参加呼びかけ

政府支給の布マスクが不要なら、私たちの物品と交換しませんか―。NPO法人「里山ねっと・あやべ」と「ふれあい食堂」(綾部ふれあい牧場内)は今月、「あやべ『わらしべマスク』プロジェクト」と銘打った活動に取り組んでいる。政府から送られてきた、いわゆる「アベノマスク」と両事業所提供の物品を交換し、マスクは市内の子ども食堂などに寄付しようという企画で、両事業所では市民からマスクの提供を募るとともに、市内の様々な事業所には同プロジェクトへの参加を呼びかけている。  
マスクとの交換や事業所の参加を呼びかける「ふれあい食堂」の由良修一さん(左)と「里山ねっと」の森慎一さん=位田町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。