2020.06.26pickup01

市消防本部
大規模地震に備え
本番さながらの救出訓練
解体前の旧市民センターで
工事完了は来年1月
鉄骨の一部を保存へ

市消防本部は24と25の両日、間もなく解体工事が本格化する並松町の旧市民センターで本番さながらの「大規模地震災害対応訓練」を福知山市など近隣の消防本部と合同で行った。多くの市民に愛されてきた建物が消防隊員らの技術向上のため、姿を消す前に最後の役目を果たした。
市シルバー人材センターが使っていた事務所から多目的ホールに引き上げられる要救助者役の隊員(並松町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。