2020.04.01pickup01

新型コロナで市販品不足続く中 手作りマスクが人気
材料が品切れや品薄に
各店で代用品などアドバイス
市外から求めに来る人も 西町1丁目の「だいどう」
20種類の柄物で対応 神宮寺町の「サキュレント」
ダブルガーゼとゴムセットのキット販売 西町2丁目の「アイル」

新型コロナウイルスの感染拡大でいまだにマスク不足が続いている中、脚光を浴びている手作りマスク。手芸が好きな人が多い市内でもマスクを手作りする動きが広がっており、生地などを扱う手芸用品店の中には品切れや品薄状態の材料も出ている。このため店側は急増している需要に応えようと、代用できる材料をアドバイスするなど対応に追われている。 
柄入りのダブルガーゼと型紙を手にする「サキュレント」の岡田さん(神宮寺町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。