2020.02.12pickup01

高齢化で担い手不足に
黒谷和紙の楮「かごそろえ」作業
黒谷和紙協同組合
白道路楮栽培推進協
課題解決へ知恵出し合いたい
今年はついに二人だけに
安全でテクニックのいらない道具考案を

和紙の原料・楮(こうぞ)の生産を通じて黒谷和紙の振興に貢献している白道路楮栽培推進協議会(大石博文代表)の楮の皮剥(は)ぎと出荷作業が今期の最盛期を迎えている。白道路町にある加工施設では会員らが作業に励んでいるが、今、全量を出荷している黒谷和紙の生産に関しては一つの大きな問題が浮上している。同協議会では黒谷和紙協同組合(林伸次理事長)からの相談を受け、共に問題解決へ知恵を出し合いたい考えだ。
楮の皮剥ぎ作業に取り組む白道路楮栽培推進協議会の会員たち(白道路町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。