2020.01.15pickup01

山家ふれあいの駅 二つの新事業

施設外壁をキャンバスに

オリジナル絵画を募集中

斬新でハートフル、楽しい作品を期待

やまが特製ランチ提供へ

2月1日から山家産米や野菜を使用して

チャーハンやうどんは既に販売中

市東部地域の玄関口として昨年4月に上原町のJR山家駅前にオープンした「山家ふれあいの駅」で今、新たに二つの取り組みが始まっている。一つは建物の外壁をキャンバスに見立てて絵を描いてもらうというもので現在、図案を広く募集中。もう一つは施設内の喫茶コーナーで食事の提供をするというもので、一部は既に始めているほか、2月1日からは地元食材にこだわった特製ランチの販売を計画している。
ペイント事業では「山家ふれあいの駅」の施設正面の外壁がキャンバスになる(上原町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。