2019.10.02pickup02

市立病院で高校生がコメディカル体験

9職種に拡大し工夫凝らして

昨年に続き2回目

1993(平成5)年から続けてきた「ふれあい看護体験」をスケールアップし、看護職以外の職種にも対象を広げる「コメディカル体験」として催す取り組みが9月29日、青野町の市立病院(高升正彦院長)で開かれた。
人工呼吸器を体験する生徒(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。