2019.08.09pickup01

黒谷和紙の新商品開発

黒谷和紙協同組合とエフエムあやべ

ポーチと手鏡の2種類

安倍総理に新商品手渡す

日本の伝統産業である和紙の協同組合と地域コミュニティFM放送局という異色の2者が共同開発した新たな商品が世に出そうだ。黒谷和紙協同組合(林伸次理事長)とエフエムあやべ(FMいかる、井関悟社長)はこのほど、黒谷和紙の良さを生かしたポーチと手鏡を共同開発。今後、消費者の感触などを見極めながら販売経路や価格を決めたいとしている。   
綾部市の鳥と花、木にちなみ「イカル」「梅」「松」がデザインされたポーチや手鏡も新商品に採用されている

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。