2020.04.27pickup01

緑色の花を咲かせる唯一のサクラ
田野町の田んぼの中で
ウコンザクラ 満開に

斑入りの緑色の花を咲かせたウコンザクラ(田野町で)

※詳細は紙面で。



2020.04.27pickup02

「緊急企画 デリバリー(出前)・テイクアウト(持ち帰り)特集」

新型コロナに負けるな! 地元の飲食店を応援!
今日の食事は地元の飲食店のデリバリーやテイクアウトを利用してみませんか。今すぐ注文!!




2020.04.24pickup01

飲食、宿泊業から悲鳴の声
売上7~8割減、9割減のところも
第1回「市緊急経済対策会議」
商議所への相談は112件
速やかに現金届けてほしい
地区により受け止め方に温度差
人命を第一にし若い力で活動を

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で地域経済が大きな影響を受けていることから市は23日、関係機関の代表者らとともに市内の経済・雇用情勢などの情報収集と意見交換を目的とした第1回「市緊急経済対策会議」を市役所第1委員会室で開いた。出席者からは、飲食業や宿泊業、旅行業を中心に売り上げの7~8割減、多いところでは9割の減少といった悲鳴にも似た声が上がっている現状が報告された。
市内の経済・雇用情勢などの情報収集と意見交換を目的として開かれた第1回「市緊急経済対策会議」(市役所第1委員会室で)

※詳細は紙面で。



2020.04.24pickup02

若宮神社にシャガの花
総代ら株分けして3年で増やす
2年後は全体で2万株に

上野町にある若宮神社(四方義規宮司)に今、シャガの花が咲き誇っている。同神社にシャガが群生していることを知る人はまだ少なく、境内では白く可憐(かれん)な花が春から初夏への移り変わりを静かに伝えている。
参道の斜面に広がるシャガの花(上野町で)

※詳細は紙面で。



2020.04.22pickup01

透明マスクを作って
聴覚障害関係団体 あやべネットワーク
市内業者に協力呼び掛け
難聴者にとって表情や口元は大切な情報
現在は身近な材料で手作り

聴覚障害の関係4団体で構成する「あやべネットワーク」(野田和博代表)が、透明のマスクを作ってもらえる業者を探している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってマスク着用者が急増しているが、難聴者にとっては相手の口元が見えないことがコミュニケーションの大きな妨げになる。また、マスクを外さざるを得ない手話通訳者の感染リスクも大きな課題となる中、口元を隠さず感染予防の機能も果たす透明マスクが必要だという。 
知恵を絞って手作りした様々な透明マスクを身に着ける「あやべネットワーク」の関係者ら(宮代町で)

※詳細は紙面で。



2020.04.22pickup02

ウエハラが創業60周年記念で
I・Tビルのステージ床改修
耐衝撃性などに優れた木材で
明るい話題頂いて感謝 山崎市長

1960年の創業以来、今年60周年の節目を迎えたウエハラ(上原久明社長)が周年記念の一環として、老朽化していた西町1丁目のI・Tビル2階多目的ホールのステージ床の改修を申し出た。同社の費用負担で工事が完了した21日には、現地に関係者らが集まって報告が行われた。  
新しい床材が敷かれたステージに立つ関係者ら(西町1丁目で)

※詳細は紙面で。



2020.04.20pickup01

地方への感染拡大阻止を
新型コロナ市対策本部 市民に協力呼びかけ
イベントの開催自粛
公共施設の使用制限
市緊急経済対策会議設置へ

※詳細は紙面で。



2020.04.20pickup02

インタビュー
聞き手 本紙編集部長 四方憲生
市長に緊急インタビュー第4弾
大型連休を前に いよいよ正念場
脆弱な地域の医療体制 帰省は可能な限り自粛を

※詳細は紙面で。



2020.04.17pickup01

エフエムあやべ
放送スタジオを2つに
3密避ける環境整える

エフエムあやべ(井関悟社長)が西町1丁目で運営するコミュニティー放送局「FMいかる」では、新型コロナウイルス感染症対策として今月初旬から、1階のスタジオ外に設けていた見学ブースを第二スタジオ(オープンスタジオ)に模様替え。スタッフや出演者が2つのスタジオから放送に参加できるようになり、「密閉・密集・密接」の3密を避ける環境が整った。
見学ブースが「オープンスタジオ」に模様替え(手前)されたFMいかるの1階=西町1丁目で

※詳細は紙面で。



2020.04.17pickup02

市民けいざい
イチゴ狩り楽しんで
栗町の「さんとよ綾部店」
5月上旬まで

イチゴ狩りを楽しんで下さい―。栗町の府道綾部大江宮津線沿いで営業する農業用品店「さんとよ綾部店」(大槻千鶴店長)では、店舗横に設置しているビニールハウスで昨年から2種類のイチゴを栽培しており、イチゴ狩りもできる。イチゴの収穫期は11月から5月上旬までのため、シーズン最終盤となるゴールデンウイーク期間中にもイチゴ狩りが楽しめそうだ。 
2棟あるビニールハウスで「章姫」と「かおり野」の2種類のイチゴが栽培されている(栗町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »