2019.10.18pickup01

今年はひときわ華やかに

物部町の下市諏訪神社の山鉾屋台

胴掛け 数十年ぶり新調

地元出身女性が着物帯で手作り

練り込みは19日午後7時~と20日午前9時~

江戸時代の参勤交代を模した大名行列や山鉾(やまほこ)屋台による練り込みが伝統行事として受け継がれる物部町下市の諏訪神社(中村孝行宮司)の秋の例大祭。19日に宵宮祭、20日に本宮祭が営まれる今年の祭礼では、山鉾屋台の胴体部に巻く「胴掛け」と呼ばれる飾りが、数十年ぶりに新調される。地元出身の女性から寄贈されたもので、鳳凰(ほうおう)柄の古い着物帯を利用した手作りの品。氏子らは「今年の祭りでは華やかに鳳凰が舞う」と喜んでいる。
谷口さんから寄贈された新しい胴掛け。鳳凰柄があしらわれた白とオレンジの古布のパッチワークで、秋祭りにぴったりの華やかな雰囲気に仕上がっている(物部町で)

※詳細は紙面で。



2019.10.18pickup02

「まわしよみ新聞」クラブも

吉美小 住民が「先生役」で児童を指導

地域住民らが「先生」となって児童を指導するクラブ活動が行われている吉美小学校(有岡町、龜井貴子校長、193人)で15日、今年度2回目(最終)の活動があり、4~6年生の99人が5つのクラブに分かれて活動を楽しんだ。
出来上がった新聞を手にする児童と、講師を務めた原崎さん(右端)=有岡町で

※詳細は紙面で。



2019.10.16pickup01

グンゼ記念館を 期間限定 毎日開館

綾部の観光拠点として

創業当初からの資料ズラリ

入館は無料

18日から11月29日まで

1917(大正6)年に創業21年目で郡是製絲(し)初の本社事務所として建設され、完成直後に貞明皇后(大正天皇の后)の行啓があった建物が現在、グンゼの企業博物館となっているグンゼ記念館(青野町)。通常は金曜のみ開館しているが、グンゼでは来館者の動向を探るため試験的に18日から11月29日まで毎日開館することを決めた。需要を見極め、今後に役立てたいとしている。  
18日から11月29日まで毎日開館することになったグンゼ記念館の正門(青野町で)

※詳細は紙面で。



2019.10.16pickup02

3年生は有終の美

第17回マンボウ・ジャズ・コンサート

3年生にとっては最後となるステージでの熱演(里町で)

※詳細は紙面で。



2019.10.14pickup01

関係者ら集い喜びの式典
新市民センター完工
綾部中生徒がくす玉開き

新市民センター完工
テープカットをして完工を祝う関係者たち(14日午前10時ごろ、西町3丁目で)

※詳細は紙面で。



2019.10.14pickup02

講師は国交省と市職員
中筋小の5年生が防災学習

中筋小の5年生が防災学習
国土交通省の職員から水害の危険性などの話を聞く児童たち(大島町で)

※詳細は紙面で。



2019.10.11pickup01

ひとめコスモス15万本

ふれあい牧場でヒマワリとコラボ

見ごろを迎えたコスモス畑の所々にヒマワリが咲いている(位田町で)

※詳細は紙面で。



2019.10.11pickup02

10年後のインナーウエアとは?

東綾中生徒ら グンゼの協力でキャリア教育

中間発表会でアイデア提案

最終案の発表は11月の文化祭で

グンゼの協力を得て全20時間計画という長時間のキャリア教育(課題解決型学習)に取り組んでいる鷹栖町の東綾小中一貫校(野々垣照美校長)の中学2年生たち12人が8日、グンゼ社員を学校に招いて学習成果の中間発表会を催した。   
グンゼの社員(左手前)と意見交流をする中学生たち=鷹栖町で

※詳細は紙面で。



2019.10.09pickup01

ゆずとマルベリーでゆずマル

「橋上の里」がジャム新発売

2年がかりで開発

140㌘入り1瓶800円

あやべ特産館などで販売

橋上(はしかみ)町の住民らで組織する水源の里「橋上の里」(佐々木幸雄会長、15戸)が2年がかりで開発してきたジャムの新商品「ゆずマル」が完成。青s野町のあやべグンゼスクエアで5日に開かれた「あやべ産業まつり」の中で、大々的にお披露目された。綾部産のマルベリー(桑の実)の食感を生かしつつ、地元で採れた無農薬ゆずと合わせて、甘さ控えめでさっぱりした後味に仕上げた自信作。1瓶(140㌘入り)800円で販売を始める。  
新発売した「ゆずマル」と、開発した橋上の里の女性ら(青野町で)

※詳細は紙面で。



2019.10.09pickup02

実りの秋を実感

西八田小の5年生9人

昔の農機具で脱穀作業に挑戦

 西八田小学校(岡安町、小嶋康弘校長)の5年生9人が7日、上八田町の塩尻泰一さん(76)宅で米の脱穀作業に挑戦した。昭和30年ごろまで実際に使われていた足踏み脱穀機などの農機具を使ったもので、児童たちは作業を通じて実りの秋を実感した。
足踏み脱穀機を使って米の脱穀作業をする児童たち(上八田町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »