2014.09.17pickup01

農産物直売所巡る

スタンプラリー

11月まで開催中

中丹地域の特産物の消費拡大、地産地消の推進などを図るため、綾部、福知山、舞鶴の3市にある14の農産物直売所が連携し、「中丹地域直売所スタンプラリー2014」が行われている。

※詳細は紙面で。



2014.09.17pickup02

EM菌の活用例を紹介

市環境市民会議 学びあう会

市環境市民会議主催の「EMを学びあう会」が16日、大島町の市ふれあいセンターで催され、参加した会員や市民らは環境にやさしい様々な作用がある微生物群の「EM」について知識を深めた。

EM菌の活用法をテーマに講演する南理事長(大島町で)

※詳細は紙面で。



2014.09.15pickup01

更に充実 市立病院

西館南側に増築棟完成

第4次整備事業 既存部分も順次改修へ

市立病院増築

病院西館南側に新しく建てられた増築棟(青野町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.09.15pickup02

スポーツ飲料で実験

綾高東分校では小学生親子チャレンジ体験講座

チャレンジ体験講座

東分校の生徒に見守られながら、実験をする小学生ら(川糸町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.09.12pickup01

3カ月連続で映画上映会

京都造芸大生有志のタガヤシシネマ

14日から志賀郷町の工場跡で

「小さな町の小さな映画館」皮切りに

タガヤシシネマ

映画館として利用する志賀郷町の旧縫製工場(城間さん提供)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.09.12pickup02

「光野町のカツラは府内第2位の巨木」

府の現地調査、測定で判明

環境省 「巨樹・巨木林調査」へ情報提供も

巨木

府職員らの調査によって府内で2番目に大きいことが分かった光野町のカツラの木(同町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.09.10pickup01

要望把握や心のケアを

綾部署員が被災地訪問

綾部署(仙川惠正署長)の署員ら6人が9日、先週の集中豪雨で被害が大きかった上杉町、安国寺町などを訪問し、被災者の要望把握や心のケア、被災者を狙った犯罪への注意などを呼びかけた。

土砂崩れ(奥)が発生した愛宕団地で住民に声掛けをする署員ら=上杉町で

※詳細は紙面で。



2014.09.10pickup02

第2回ちりつもりて

「ここが綾部と思えない」

寺町の古刹で斬新な催し

国際的デザイナーらがショー

30、40代の男性3人が企画

世界で活躍する眼鏡や鞄の日本人デザイナーやフリースタイルフットボールの国内第一人者、一流音楽家などが出演して市内の古刹でファッションショーや様々なパフォーマンスを繰り広げる斬新な催しが「中秋の名月」前日の7日夜にあり、詰めかけた老若男女300人余りが催しを心ゆくまで楽しんだ。

最高潮に達したメーンイベントのファッションショーはライトアップされた本堂の前で開かれた(写真は寺町で)

※詳細は紙面で。



2014.09.08pickup01

江戸末期の「善光寺分像」御開帳

物部町の自得寺

12~14日、14年ぶりに

地歌演奏家 菊聖さんの献奏も

自得寺

12日から3日間、「善光寺分像」が御開帳される自得寺(物部町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.09.08pickup02

山田知事が被災地視察

土砂崩れなどの豪雨被害で

被災地視察

安国寺の土砂崩れの現場(奥)などを視察する山田知事(左から3人目)や府・市の関係者ら=安国寺町で

5日未明からの豪雨により市内各地で土砂崩れを中心とした被害が広がる中、山田啓二知事は6日、山崎善也市長、四方源太郎府議らの案内で市内の被災地4カ所を視察。山田知事は災害復旧に関して「安全確保に全力を上げたい」との考えを示した。

この日は、敷地内で大小4カ所の土砂崩れが発生した安国寺(安国寺町)、2カ所で土砂崩れがあった市道高津旭線(中丹広域農道)、路肩決壊により片側通行の規制が行われる府道小浜綾部線(東山町)を視察。

特に安国寺では、二次被害が広がれば近隣の集落に土砂が流入する恐れもある安国寺の現状を山崎市長らが詳細に説明した。

今回市側は、先月発生した豪雨の被災地支援に活用できることが決まった「地域力再生プロジェクト支援事業」を今回の豪雨にも適用することや、安国寺を含む今回の災害復旧に対する国、府の財政支援などを要望した。



« 前のページ次のページ »