2018.09.21pickup01

学校単独チーム困難に

第36回市中学校新人体育大会

少子化の影響大

合同チームが増加

野球とバレーは3校合同

大会運営の手法が課題に

第36回市中学校新人体育大会(市中学校体育連盟・市教育委員会主催、市中体連各専門部主管)の5種目中4種目の競技がこのほど、市内の各会場で開かれた。今年は野球とバレーボールでどちらも3校による合同チームが出場したほか、ソフトテニスと卓球に関しては、上林小中一貫が団体戦への出場を見合わせた。市内6中学校のうち綾部以外の小規模校では、団体競技のチーム編成が困難な状況。少子化の影響がこれまで以上に感じられる大会となった。

バレーボールの試合では、綾部中と3校の合同チームが対戦した(宮代町の綾部中体育館で)

※詳細は紙面で。



2018.09.21pickup02

ギャラリーカフェ日々で

ラオスの綿で手づくりの洋服

あきの綿衣展始まる

ナラサキシノブさん

西町2丁目の「ギャラリーカフェ日々」で21日から「あきの綿衣展」が催されている。大阪府摂津市で綿を使った洋服やバッグなどを「SOW」というブランドで製作、販売するナラサキシノブさんが初めて綾部で開く個展だ。

写真説明:ナラサキさんと作品(西町2丁目で)

※詳細は紙面で。



2018.09.19pickup01

市議会

新議長に高橋輝氏

副議長には森義美氏

監査委員は安藤和明氏に

選挙後初の市議会となる9月定例市会が18日に開会した。初日は役員改選が行われ、議長に高橋輝議員(47)=創政会、4期=、副議長に森義美議員(65)=公明党、5期=が選出され、議会選出の監査委員として安藤和明議員(67)=民政会、4期=の選任に同意した。任期はいずれも申し合わせで2年間。

※詳細は紙面で。



2018.09.19pickup02

体操 ゴルフ バレーボール 野球

10月8日に4種目の体験会

綾部JC キッズ50人募集

昨年10月に初開催して好評を得た綾部青年会議所(綾部JC、四方章博理事長)主催の「キッズスポーツ体験会」(市後援)が今年も、10月8日に上杉町の市総合運動公園を会場に開かれる。今回体験できるのは体操、ゴルフ、バレーボール、野球の4種目。対象年齢は5歳(年長クラス)から小学6年生までで、先着50人。参加無料。

キッズスポーツ体験会への参加を呼び掛ける綾部JCの人財共育委員会のメンバーら(西町1丁目で)

昨年10月に初開催して好評を得た綾部青年会議所(綾部JC、四方章博理事長)主催の「キッズスポーツ体験会」(市後援)が今年も、10月8日に上杉町の市総合運動公園を会場に開かれる。今回体験できるのは体操、ゴルフ、バレーボール、野球の4種目。対象年齢は5歳(年長クラス)から小学6年生までで、先着50人。参加無料。

※詳細は紙面で。



2018.09.17pickup01

綾部むすびプロジェクト

豪華出演者でPRソング制作

「綾部むすび」を名物に!

世界的アーティスト 屋敷豪太さん全面協力

綾部むすびプロジェクト

綾部の魅力について語る4人(左から三浦教授、山崎市長、屋敷さん、平田記者)=大阪府吹田市の関西大学千里山キャンパスで

※詳細は紙面で。



2018.09.17pickup02

2年生が父母体験

綾部高校に赤ちゃん招いて

2年生が父母体験

赤ちゃんを抱っこする生徒たち(岡町で)

※詳細は紙面で。



2018.09.14pickup01

縮小均衡か次の行動か

人口減少が加速する綾部の目指す道は?

日本政策投資銀行が地域づくり健康診断

人を呼び戻す「綾部モデル」を

地域版の「人間ドック」ともいえる日本政策投資銀行の「地域づくり健康診断」の結果が、11日に市役所で開かれた平成30年度市創生有識者会議の席上、発表された。同銀行のノウハウを生かして人口動態や産業構造などの各種データを総合的に分析して地方創生を目指すもので、綾部が〝受診〟するのは8年前に続いて2回目。

「地域づくり健康診断」の結果を発表する荘課長(市役所で)

※詳細は紙面で。



2018.09.14pickup02

上手に刈れたよ

吉美こども園で稲刈り

有岡町の吉美こども園(黒田進園長)の年長児38人が12日、園近くにある田んぼで稲刈りに挑戦

稲刈りにチャレンジする園児たち(有岡町で)

※詳細は紙面で。



2018.09.12pickup01

体験旅行企画が高評価

インバウンド旅行扱う「アヤベックス」

旅行商談会の表彰事業

ファイナリストに

選考結果は16日に発表

富裕層向け「学校交流プログラム」を提案

旅行代理店・プラスツーリスト(幸通、佐々木祟人社長)の関連会社で「インバウンド(訪日外国人観光客)部門」を取り扱う「アヤベックス」(同)。同社が企画した「富裕層向け学校交流プログラム」が、世界各国の旅行会社が集まってオーストラリアで開催される旅行商談会(16~19日、シドニー)の表彰事業の1部門で、ファイナリスト(最終選考進出者)に選ばれた。この表彰事業で日本の民間企業がファイナリストに残るのは初の快挙。選考結果は、商談会初日の16日に発表される。

ファイナリストの証明証を手にする佐々木社長とゼネラルマネージャーの植田めぐみさん(幸通で)

※詳細は紙面で。



2018.09.12pickup02

人気です 脳イキイキ!音読の会

市図書館 音読体験で健康長寿を

どの年齢層も気軽に通える図書館に

学びと健康の場

参加者全員に同じ絵本を開いて音読を楽しんでもらおうと、府内の図書館から貸し出しを受けて集められている(新宮町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »